주요 기사 바로가기

ブッシュ氏「米国遠征出産」を非難…韓人社会が集団反発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.27 09:50
0
米国共和党の大統領選挙立候補者であるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が「アンカーベイビー(anchor baby)」という言葉でアジア系を批判すると、韓人社会が集団で反発した。アンカーベイビーは米国で出産すれば米国の国籍を取得できる制度を利用し、出産を通じて米国に錨(いかり、アンカー)を下ろすようにして定着する便法移民を意味する用語だ。主に中南米出身の不法移民者が米国で子供を産むことを非難する用語として使用されていたが、一部アジア人の遠征出産も含まれている。ブッシュ氏は24日(現地時間)、テキサス州の国境地域を訪れてアンカーベイビーに言及し、「アジア人が米国内出産を組織的に悪用している」としてアジア系を非難した。

韓人(米国で暮らしている韓国人)社会は直ちに対応に出た。ワシントンとバージニア一帯の韓人会「ワシントン韓人連合会」は25日に声明を出して「事実に基づかない、軽蔑的かつ侮辱的な発言」としながら「ブッシュ氏は発言を撤回し、アジアンコミュニティに謝れ」と要求した。韓人2世が主軸の「米州韓人協議会」も「侮辱的で無礼だ」と論評した。これまで各種選挙の際にバージニア州から出馬した候補の討論会を開催してきた韓人政治参与連合のマイケル・クォン会長は「ごく少数の行為があたかもアジア系全体に当てはまるかのように表現し、アジア系に対する認識を悪化させた」と批判した。バージニア州議会のマーク・キム下院議員(民主党)は「ライバルのドナルド・トランプ氏が支持率で自身を追い越したので、焦るあまり本音を公開した」と述べた。

韓人社会をはじめ、米国内のアジア系が怒りを表した理由は、ブッシュ氏がこれまでヒスパニック系の不法移民をめぐり大きくなった論争をアジア系に転じたためだ。トランプ氏はメキシコの不法移民者を「性犯罪者」と言って米国白人保守層の本音に触れて支持率を上昇させた。このため、メキシコ出身の夫人がいるブッシュ氏がヒスパニック投票者の心を意識してアジア系を槍玉に挙げたのではないかという解釈が出ている。

民主党のアジア系下院議員も25日、相次いで批判声明を発表した。日系3世で親韓派のマイク・ホンダ議員は「ブッシュ氏の発言はすべての移民者に対する侮辱で、われわれの文化にはそぐわない主張」と反論した。ホンダ氏は「米国は多様な文化と背景を基に建国された国だ。このような偏狭な発言は米国民主主義の根本からも外れる」と批判した。中国系のジュディ・チュー下院議員も「移民者を孤立させる『外国人恐怖症』を表している」と批判した。日系のマーク・タカノ議員もアジア系団体に送った論評で「侮辱的な発言」と一蹴した。

NBC放送などはアジア系米国人がツイッターにコメントを載せてブッシュ氏に対する反論に乗り出しているとも伝えた。不法移民論争に火をつけたトランプ氏まで、ツイッターに「アンカーベイビーという言葉を使って苦しい状況に陥ったブッシュがここから抜け出そうとアジア系を非難した」と加勢した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP