주요 기사 바로가기

BIGBANGの新曲『LOSER』が初公開…「孤独な者を歌った」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.04.27 10:42
0
BIGBANGの新曲『LOSER』が公開された。世の中の敗者と孤独な者への歌だった。

BIGBANGの公演に、今や体操競技場では手狭に見えた。初夏の天候を思わせるような気温(24度、ソウル午後4時基準)に、およそ1万人の観客の熱狂的な反応が加わってオリンピック体操競技場は開始と同時に熱気に包まれた。

グループとして3年ぶりにカムバックするBIGBANGは、25日、26日のソウル公演を皮切りにワールドツアーと新曲活動を開始した。同日の公演では新曲『LOSER』が初公開された。YG事務所のヤン・ヒョンソク代表が「BIGBANG最高のアルバムになる」と高らかに宣言したのには理由があった。

『LOSER』は世の中に投げ出された若者たちの心の傷を歌った曲だ。「ルーザー、孤独者、傷だらけのバカ野郎」というリフレーンが印象的だ。メロディに注力した曲で、G-DRAGON(ジードラゴン)とT.O.P(トップ)のラップと、SOL(ソル)、D-LITE(ディライト)、V.I(ヴィアイ)のボーカルの見事な調和が際立つ一曲だ。

BIGBANGは同日、スピード感があふれるカーチェースの映像で会場の雰囲気を一気に高めた。1本の映画予告編を見るようなスケールと構成が圧倒的だった。

続いて、メンバーは最高ヒット曲である『FANTASTIC BABY』を歌って舞台に登場した。最高のヒット曲が続き、公演会場は熱気や空気の密度が高まっていくような感じだった。5人5色の個性あふれる舞台が観客の視線を釘付けにした。

D-LITEは「昨日と今日、熱い時間をみんなと一緒に過ごしている」と紹介した。SOLは「楽しむ準備はできたかい?」とファンに呼びかけて雰囲気を盛り上げた。

新曲『LOSER』と『BAE BAE』はBIGBANGのカムバックプロジェクト「MADE SERIES」の第1弾『M』のタイトル曲。BIGBANGは25日と26日の2日間、ソウル・オリンピック公園体操競技場でコンサート「BIGBANG 2015 WORLD TOUR ‘MADE’ IN SEOUL WITH NAVER」でこの新曲を初公開。

BIGBANGは5月1日からプロジェクト第1弾『M』を皮切りに8月までの4か月間、1曲以上の曲が収録されているプロジェクトシングルを毎月1日にリリースする。9月1日にはこれをまとめた『MADE』アルバムを発表する予定だ。

これはBIGBANGのデビュー当時、毎月シングルをリリースしていたやり方を9年ぶりに再現するプランだ。BIGBANGは今回のソウル公演を皮切りに、2016年までワールドツアーを継続する。アジアはもちろん、米国を含めた約15カ国70公演におよそ140万観客を動員させる予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGの新曲『LOSER』が初公開…「孤独な者を歌った」

    2015.04.27 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    グループのBIGBANG
    TOP