주요 기사 바로가기

韓国初の無人モノレールが大邱に登場

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.04.26 10:21
0
韓国初の無人モノレールが初めて運行を開始し注目を集めている。

23日に大邱(テグ)都市鉄道3号線のモノレールが韓国で初の運行を始めた。1997年開通の都市鉄道1号線、2005年開通の2号線に続く10年ぶりの新路線だ。

モノレールは平均して地上11メートルの高さがある692基の橋脚の上にレールが設置されている。これまで車で70分以上かかった区間がモノレールの利用により48分に短縮され約22分の時間節約が可能になった。

2009年7月から始まった工事には国費と市費を含め1兆4913億ウォンが投入された。大邱都市鉄道側は1日に約10万人がモノレールを利用すると予想した。

モノレールでの安全事故発生時には地上に待避できるスパイラルシューターが用意され、プライバシー保護のため特定区間を通過する際に自動でスモークガラスになる装置が作動する。

韓国初の無人モノレール開通に接したネットユーザーは「珍しい」「ソウルにも作ってほしい」「高所恐怖症であれば乗れない」など多様な反応を見せた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国初の無人モノレールが大邱に登場

    2015.04.26 10:21
    뉴스 메뉴 보기
    大邱市に登場したモノレール(写真=YTN画面キャプチャー)
    TOP