주요 기사 바로가기

韓国の国の負債1211兆ウォン…公務員・軍人年金充当負債だけで643兆ウォン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.08 10:04
0
払う金額より得る金額が多い公務員・軍人年金の赤字を埋めるために国が負担しなければならない負債が初めて600兆ウォン(約65兆8700億円)を超えた。これを含めた国の負債総額も1200兆ウォンを初めて超え、公務員・軍人年金を至急に改革しなければ国の財政に深刻なしわ寄せが避けられない見通しだ。ぎりぎりな国の財政に韓国政府は来年度の全官庁の補助事業数を一括で10%縮小する対策を出した。

韓国政府は7日の閣議で「2014会計年度国家決算報告書」を議決した。これによると公務員年金など将来支給しなければならない負債まで含めた財務諸表上の国の債務は昨年末現在1211兆2000億ウォンで前年の1117兆9000億ウォンより93兆3000億ウォン増えた。国民1人当たり2400万ウォン余りの借金を抱えていることになる。

国の債務がこのように急に増えたのは公務員・軍人年金のための充当負債のためだ。韓国は世界的に高齢化のスピードが速い上に、払うお金より受け取る額が多い公務員・軍人年金支給方式のため国の負債が急激に増加している。こうした点を考慮して韓国政府は一般政府負債に30~40年後に支払わなければならない年金額を現在の価値で換算した年金充当負債を含めた財務諸表上の国の債務を2012年から算出している。この年金充当負債は昨年末に643兆6000億ウォンで前年の596兆3000億ウォンより47兆3000億ウォン増加した。負債全体で占める比率も53.1%で半分を超えた。

年金負債が増加したのは公務員・軍人在職者が126万3000人で前年より9000人増え、受給者数も48万2000人で前年より3万人増加したためだ。また、今年の公務員・軍人報酬引き上げ率が1.7%から3.8%に上がったことも影響を及ぼした。現代経済研究院のイ・ジュンヒョプ経済動向分析室長は、「年金赤字規模が急速に増加しており、次世代に大きな荷物になりなかねない。財政健全性を確保するためにも公務員年金改革を早急に実行しなければならない」と話す。
韓国の国の負債1211兆ウォン…公務員・軍人年金充当負債だけで643兆ウォン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP