주요 기사 바로가기

<大リーグ>問題ないというが怪しい柳賢振の肩(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.31 17:46
0
柳賢振(リュ・ヒョンジン、28、LAドジャース)は韓国のハンファ・イーグルス時代、「金剛不壊」と呼ばれた。「いかなるものにも破壊されないダイヤモンドのような身体」という意味でだ。2006年にデビューしてから2年連続で200イニング以上を投げた柳賢振は、2012年までの7年間に27試合で完投した。年平均181イニング以上投げた。

柳賢振は今、肩の痛みと戦っている。昨年は故障者リストに2回入り、今年のスプリングキャンプでは左肩の痛みを訴えた。先週の磁気共鳴画像装置(MRI)検査の結果、特に異常は見つからなかったが、2週間ほど休む予定だ。ドジャース球団は26日(日本時間)、「柳賢振が2012年末に入団する時の肩の状態と現在はほとんど変わらない」と明らかにした。しかし炎症緩和注射(コルチゾン)まで受けた柳賢振がまた痛みを訴えたのは問題だ。各分野の専門家に柳賢振の痛みの原因と対応策について尋ねた。

プロ野球の起亜とNCのチームドクターであるイ・サンフン・ソウル忠武病院長は「(柳賢振が痛みを訴えている)肩甲骨は下半身と腰を経たエネルギーが肩の関節にいく直前に通過する骨」とし「肩甲骨は軟骨や靭帯でなく筋肉が支えるために不安定だ。疲労が累積すればバランスが崩れ、肩甲骨の位置が変わり、肩やひじの関節に負荷がかかる可能性がある」と説明した。また「痛みが激しくて投球できない選手もMRIでは正常な場合がよくある。専門医の特別なケアと治療が必要だ」と強調した。

柳賢振のけがは多角的に見る必要がある。柳賢振は仁川ドンサン高2年だった2004年、左ひじ靭帯再建手術を受けた。それ以降、ひじのけがの再発を徹底的にケアしてきた。しかしひじを意識すると肩に負荷がかかる可能性がある。また韓国では下位打線を相手に力を抜いて投げた柳賢振が、メジャーでは全力投球を続けて無理をしたという分析もある。
<大リーグ>問題ないというが怪しい柳賢振の肩(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>問題ないというが怪しい柳賢振の肩(1)

    2015.03.31 17:46
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振(リュ・ヒョンジン、28、LAドジャース)
    TOP