주요 기사 바로가기

韓国、社会的葛藤管理能力OECD国家34カ国中27位

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.24 10:57
0
韓国の社会的葛藤管理能力は経済協力開発機構(OECD)国家のうち下位圏水準であることが分かった。

24日、韓国保健社会研究院の保健福祉フォーラム最新号(3月号)に発表された報告書「社会葛藤指数の国際比較および経済成長に及ぼす影響」によると、2011年を基準として韓国の「社会葛藤管理指数」はOECD34カ国で27位となった。

社会葛藤管理指数は政府の行政や制度が葛藤を効果的に管理しているかどうかを示す指数だ。分析の結果、社会葛藤管理指数の高い国家はデンマーク(0.923)、スウェーデン(0.866)、フィンランド(0.859)、オランダ(0.846)などの北欧国家だった。韓国は0.380でチェコ(0.429)、スロベニア(0.408)、ポルトガル(0.406)とほぼ同水準で、英国(0.677)、フランス(0.616)、日本(0.569)、米国(0.546)より低かった。

社会葛藤管理指数が高いことは葛藤を効果的に管理する能力が高いことを意味する。韓国より低い国家はメキシコ(0.068)、トルコ(0.151)、ギリシャ(0.206)、ハンガリー(0.247)、イタリア(0.281)、ポーランド(0.340)、スロバキア(0.354)など7国家だけだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP