주요 기사 바로가기

また有名保育園で虐待…「評判も信じられず」=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.19 09:10
0
政府の評価認証が機能していない理由は、評価項目で児童虐待の分野が抜けているところにある。保育環境・運営管理・保育課程、保育士・児童間の相互作用と教授法・栄養・安全の6項目を評価する。主に環境に集中している。その上、児童虐待と関連がある項目が子供と教師の疎通を見る「相互作用」分野だが、ここ2年間で児童虐待が発生した5カ所はこの分野で90点を超える良い点数をとっていた。実状を全く反映できず、親の選択に役立っていないということだ。

評価認証は約4カ月かかる。しかし訪問評価は一日に過ぎない。残りは書類評価だ。ソ・サンボム韓国民間保育園連合会政策局長は「たった一日の現場評価で、どのようにして保育園全般を評価できるのか分からない」と指摘した。一度通過すれば3年間は認証が維持されることも問題だ。ペ・チャンギョン韓国保育教職員総連合会共同代表は「保護者が評価認証を随時参観すべきだ」と提案する。イム・ヨンジュ新丘(シング)大学乳児教育科兼任教授は「評価項目に保育士の人格教育をどのぐらい行ったかを入れるべきだ」と勧告した。

公式的な情報が信じられないとして専業主婦たちは、インターネットカフェに流れる情報を頼ったりもしている。4・6歳の2人の子供を持つキム・ミジンさん(32、女性、京畿道果川市)は「地域のコミュニティカフェに保育園の家の良くない点をあげようとしても名誉毀損や業務妨害にひっかかる恐れがあるので、こっそりメッセージでやりとりしている」と話していた。
また有名保育園で虐待…「評判も信じられず」=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP