주요 기사 바로가기

チャン・グンソク側「税金、誠実に納付…推定報道は遺憾」(公式見解)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.01.14 17:13
0
俳優チャン・グンソクが100億ウォン(約10億円)を超える追徴金を国税庁に納付したという報道について公式の立場を伝えた。

14日、チャン・グンソクの所属事務所Tree J Company側は、報道資料を出して「現在の脱税および税務調査についての報道が引き続き出ているが、これは俳優チャン・グンソクの外貨収入の脱税による特別税務の調査を受けたのでもなく、チャン・グンソクが所属しているTree J Company社の定期的な税務調査だったことを正確に明らかにする」として「調査には誠実に臨んだし、関係当局の調査の過程で当社の会計上のミスによる一部の誤った部分について修正申告後、納付を完了した状態だ」と公式の立場を伝えた。

引き続き「まるでチャン・グンソクが巨額の追徴金を払って脱税した疑いがある推定報道を出し、それが事実であるかのように持続的な報道になり、一般市民がこれを事実として受けとめていて俳優のイメージが大きく損なわれている」として「今回のことはチャン・グンソクとは別で、当社の会計上のミスによって発生したことであり、直ちに修正申告後に納付し、所属しているチャン・グンソクはこれまで税金に関しては誠実に納付してきたことを改めて明らかにする」と強調した。これに先立ち、この日午前にあるメディアは、チャン・グンソクが脱税額と加算税を合わせて100億ウォンを超える追徴金を国税庁に納付したと報道した。該当報道は「ソウル地方国税庁が昨年6月からチャン・グンソクに対する特別税務調査を実施し、その結果、国税庁はチャン・グンソクが海外活動によって得た収入を申告しなかった事実を摘発して100億ウォンを追徴した」と説明した。

 
◆所属事務所の公式見解の全文

現在の脱税および税務調査に対する報道が引き続き出ているが、これはすでに報道されたように俳優チャン・グンソク氏の外貨収入の脱税による特別税務調査を受けたものでもなく、チャン・グンソク氏が所属しているTree J Company社の定期的な税務調査だったことを正確に明らかにします。したがって調査に誠実に臨み、関係当局の調査の過程で当社の会計上のミスによる一部の誤った部分について修正申告後、納付を完了した状態です。

㈱Tree J Companyは実体的、手続き的な部分に合わせて納付義務を明確に履行し、関係当局も故意性がないということを認めて告発せず、これに伴い検察の調査も受けた事実は全くありません。

さまざまな報道の過程で、まるでチャン・グンソク氏が巨額の追徴金を出して脱税した疑いがあるという推定報道を出し、それが事実であるかのように持続的な報道になって一般市民はこれを事実として受けとめており、俳優のイメージが大きく損なわれています。これに対し当社は、はなはだ遺憾に思うところです。

今回のことはチャン・グンソク氏とは別で当社の会計上のミスによって発生したことであり直ちに修正申告後に納付し、所属しているチャン・グンソク氏は今まで税金に関しては誠実に納付してきたことを改めて申し上げます。今回のことを機に今後さらに財務上で一点のミスも発生しないよう徹底的に管理するつもりです。

合わせて私ども当社に所属している俳優チャン・グンソク氏に心から申し訳ない気持ちを表わし、ファンの方々や一般の皆さんにも申し訳ない気持ちをお伝えします。当社のミスでチャン・グンソク氏のイメージが失墜することがないよう、より一層万全の配慮を心がけます。

今後さらにより良い姿をお見せする所存です。最後にもう一度、俳優に対し申し訳ない思いを伝えます。

今後このような推測性の報道が続いて、これ以上俳優チャン・グンソクの名誉を失墜させることがないように望みます。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チャン・グンソク側「税金、誠実に納付…推定報道は遺憾」(公式見解)

    2015.01.14 17:13
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チャン・グンソク
    TOP