주요 기사 바로가기

日本の大学、韓国でも入学試験実施…留学生を家族のように見守る(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.06 11:15
0
長期不況と青年就職難が深刻化する中、大学卒業がそのまま就職につながるという話は昔話になった。大学を卒業してやっとのことで就職の壁を乗り越えても、定年が保障されない雇用の不安定も社会的な問題として浮上している。こうした中で安定した就職のために海外に目を向ける留学生が増加している。西日本にある加計学園の専門人材養成教育過程を紹介する。

日本の首都東京から1時間ほど離れた千葉県銚子市。ここには加計学園の大学の1つ千葉科学大学がある。

薬学部をはじめ危機管理学部・看護学部のあるこの大学では、理論を基に体系的な実習を併行して専門的人材を養成する学校として定評だ。特に薬学部の場合、昨年の日本の薬剤師国家試験合格率が97.3%と関東地方1位の合格率を記録し、新興名門大学として急浮上した。日本の薬学大学の卒業生の国家試験合格率が平均70~80%序盤であることを考慮すれば千葉科学大の合格率は非常に高い水準だ。

このように千葉科学大薬学部が名門に浮上できたのは、他大学ではなかなか見られない最新の実験機資材や実習装備を備えているからだ。また専門医療関係者として身につけるべき基本的素養から実習中心の体系的な教育が行われている。日本で薬学大学を卒業して薬剤師の免許を取得すれば、病院の薬剤師や調剤薬局の薬剤師、製薬会社の研究所など就職の幅がかなり広がる。韓国内でも薬剤師の国家試験受験が可能だ。修士課程を認められて大学院博士課程に進学し、深みのある学問を学べる長所もある。実務教育が主流の危機管理学部も注目されている学科だ。各種災害が頻繁な現代社会で必要な学問だと評価されているためだ。この学科は問題が生じた時に体系的なプログラムによって危機に対処できるよう実際と同じようなシミュレーション装備で教育する。実際の模型を使って教育する学科は、世界的にも珍しく、海外留学生の比率が高いほうだ。

韓国内でも最近になって災害に伴う危機管理の重要性が高まっており、危機管理学部を探す韓国学生たちが次第に増えている傾向だ。

千葉科学大のウチダ事務局長は「千葉科学大は学習を通じて1人ひとりが社会に最大限貢献できる人材を養成することを最高の目標としている」として「地元の学生だけでなく海外の留学生も社会に進出した時に最高の人材として働けるよう最上の教育を支援している」と説明した。
日本の大学、韓国でも入学試験実施…留学生を家族のように見守る(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の大学、韓国でも入学試験実施…留学生を家族のように見守る(1)

    2014.11.06 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    日本の千葉科学大学薬学部に通う韓国人学生たちが、薬剤原料の授業時間に実験・実習を行っている。
    TOP