주요 기사 바로가기

<アジア大会>テニス男子ダブルス、韓国が28年ぶり金メダル(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.30 08:13
0
イム・ヨンギュは「アジア競技大会前は、足が痛くてあまり試合に出られなかった。今大会に命をかけようと誓っていたが、金メダルを取ることができた。チョン・ヒョンが私を信じてついてきてくれた。感謝している」と述べた。チョン・ヒョンは「このような大きな大会で金メダルを取ったのは初めて。夢でないことを願う」とし「ヨンギュ先輩とは年齢の差があるが、試合をしながらうまくいかないところがあれば真剣に『これは違う』と言いながら話し合った。お互いの信頼が優勝の原動力」と語った。

この日、金メダル獲得を本人ほど喜ぶ人がいた。アジア競技大会代表チームに復帰したが、けがで辞退したイ・ヒョンテクだった。イ・ヒョンテクは観客席で後輩がポイントを取るたびに拍手して喜んだ。ミスで点数を失った時は「大丈夫だ」と叫んで励ました。イ・ヒョンテクは「後輩がやってくれた。広州アジア競技大会で逃した金メダルをホームで取り戻せてよかった」とし「私も98年バンコクアジア競技大会で金メダルを取って兵役免除を受け、2000年の全米オープンで16強入りできた。兵役免除を受けることになった後輩がツアー大会でプレーし、メジャー大会にも出場し、低迷している韓国テニスを復活させてくれると信じている」と述べた。

チョン・ヒョンとイム・ヨンギュも、イ・ヒョンテクを越えて韓国テニスの歴史を塗り替えると誓った。イム・ヨンギュは「まだテニス界ではイ・ヒョンテク先輩の話をしている。ヒョンテク先輩が成し遂げたものよりも高い目標を立てて、自分たちもできるということを見せたい」と力強く語った。

チョン・ヒョンも「世界の舞台で成功するのが夢。アジア競技大会の金メダルを取ることができなければ2年という時間を軍隊で送らなければならなかったが、障害物がなくなった。夢に向かうスタートになるだろう」と言って笑った。
<アジア大会>テニス男子ダブルス、韓国が28年ぶり金メダル(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP