주요 기사 바로가기

ソウルの妊婦、4人中3人は30歳以上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.19 17:16
0
妊娠・出産年齢がますます高くなっている。赤ん坊を初めて産む妊婦の平均年齢が30歳を超えた。18日、ソウル市が公開した「統計で見たソウル男女の結婚と出産」資料によれば、2013年のソウルの妊婦の平均年齢は32.5歳、平均の初産年齢は31.5歳だ。20年前の1993年に比べて出産は4.5年、初産は4.7年遅くなった。

妊婦4人中3人(77.1%)が30代以上だ。93年には30代以上の妊婦が妊婦4人中1人(26.5%)だったことと比べると、30代以上の高齢妊婦の比率が20年間で3倍近くに増えたことになる。2013年の妊婦の年齢帯別比率は30~34歳(53.6%)、35~39歳(20.6%)が最も多く、25~29歳(19.6%)、20~24歳(2.9%)が後に続いた。40歳以上の妊婦の比率は2.8%、20歳未満は0.4%だった。

晩婚・高齢出産が一般化しながら高リスク妊婦も増加している。珍しいが妊娠中にがんの診断を受けるケースもある。成均館(ソンギュングァン)大学医大サムスンソウル病院のチェ・ソクチュ教授(産婦人科)チームの分析によれば、94年から2012年までに来院した妊婦4万7545人の中で91人が妊娠中にがんの診断を受けた。人口1万人あたり19.1人の割合だ。

妊娠中にがんの診断を受けたサムスンソウル病院の妊婦91人中、子供をあきらめたケースは23%(21人)だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP