주요 기사 바로가기

<新体操>ソン・ヨンジェ、仁川アジア大会に向けて飛躍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.11 14:50
0
新体操のソン・ヨンジェ(20、延世大)が2014仁川(インチョン)アジア競技大会を1カ月後に控えてアジアナンバーワンの地位をしっかりと守った。

新体操世界ランキング6位のソン・ヨンジェは9日(日本時間)、ブルガリアのソフィアで開かれた国際体操連盟(FIG)新体操ワールドカップ(W杯)でリボン(17.600点)、フープ(17.550点)、ボール(17.750点)、こん棒(17.350点)を演じて合計70.250点を獲得し個人総合3位になった。10日に開かれた種目別決選ではフープ(17.900点)、ボール(17.700点)で銅メダル2つを追加した。

ソン・ヨンジェがW杯個人総合でメダルを獲得したのは、今年4月にポルトガルのリスボンW杯で金メダルを首にかけて以降2度目だ。リスボンW杯とは違いトップランクの選手たちが全員出場した大会で手にした銅メダルであり意義深い。世界ランキング1・2位のヤナ・クドラフチェワ(73.900点)、マルガリータ・マムン(72.200点、以上ロシア)が並んで金・銀メダルを手にした中で、ランキング3位のメリティナ・スタニウタ(69.550点、ベラルーシ)はソン・ヨンジェに抑えられて4位にとどまった。

ソン・ヨンジェは仁川アジア競技大会で金メダルを争うトウ森悦(22、中国)との今シーズン初めての対決でも勝利した。トウ森悦は4種目合計68.150点で7位だった。トウ森悦は昨年8月、ウクライナのキエフで開かれた世界選手権大会で4位となりソン・ヨンジェ(5位)を抜いてアジア選手の中で最も高い成績を出した。個人のスポンサーシップを締結して新体操強国のロシアで訓練したソン・ヨンジェとは違い、トウ森悦は自国で訓練しながらも高い順位に上がってソン・ヨンジェを緊張させた。

ソン・ヨンジェはこれをしっかりと克服した。今シーズン、休む暇もなく動きを配置してプログラムの難易度を高め、バックミュージックの選定にも直接参加した。今年3月のモスクワグランプリを皮切りに出場した大会ごとにメダルを首にかけ、4月のリスボンW杯では初めてW杯個人総合で金メダルを獲得した。7月はずっとクロアチアで地獄のような訓練をこなして体重を減らしつつ体力をつけた。

トウ森悦はソン・ヨンジェが4月までに4つの国際大会に出場して実戦力を高めている間、閉じこもっていた。引退説が飛び交ったりもしたが5月にフランスのコルベイユ-エソンヌW杯に参加した。シーズン初の大会とプログラムに慣れていなかったためか8位(68.182点)にとどまった。3カ月間に再調整して今大会に出てきたが点数は0.032点さらに低くなった。特有の高いジャンプと動きの正確性が落ちた。

今回の大会審判ソ・ヘジョン大韓体操協会技術副委員長は「トウ森悦は昨年の世界選手権以降、足首を負傷して長時間リハビリを続けていた。その間に体重が若干増えたためかミスが多かった」としつつも「非常に身体能力が良いので、いつでも高い点数を取れる。アジア競技大会時は、より良い演技を見せるだろう」と語った。

ソン・ヨンジェは来月、W杯と世界選手権大会に出場して実戦点検を終えた後、仁川アジア競技大会に出る。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <新体操>ソン・ヨンジェ、仁川アジア大会に向けて飛躍

    2014.08.11 14:50
    뉴스 메뉴 보기
    ソン・ヨンジェが9日開かれたFIG新体操ワールドカップで個人総合3位を記録し、仁川(インチョン)アジア競技大会金メダルの見通しが明るくなった。写真は4月に開かれた仁川国際体操大会で演技中のソン・ヨンジェ。(写真=中央フォト)
    TOP