주요 기사 바로가기

【社説】映画『鳴梁』、リーダーシップ渇望する韓国社会の自画像

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.05 10:46
0
忠武公・李舜臣(イ・スンシン)将軍を素材にした映画『鳴梁(ミョンリャン)』が「李舜臣症候群」を呼び起こしている。『鳴梁』は連日、韓国映画の興行記録を塗り替えながら韓国社会に封切り6日目の4日に最短期間での累積観客500万人達成という新記録を打ち立てた。

李舜臣将軍は普段から、尊敬される歴史的人物で1位を占めてきた。そんな人が『鳴梁』を通じて今さら脚光を浴びる理由には、時代状況の反映を挙げることができる。国民は最近になってセウォル号惨事などを体験しながら無気力で無能な指導層に失望している。それと共に強力なリーダーシップや道徳性、未来に対するビジョン、現実の困難を打開する不屈の精神を備えた指導者を渇望している。国民はこうした現実の欲求を、映画消費を通じて噴出しているのだ。

「将たる者の義理は忠を追わなければならず、忠は民に向かわなければならない」という李舜臣将軍の熱弁に、観客は時代状況を思い起こして戦慄せざるをえない。いくら危機に直面しても落ち着いて人々を説得し、先頭に立って問題を解決する百折不撓(ふとう)の指導者像、危機を逆にチャンスに変える賢明なリーダー像、そこに人間的な姿まで備えた李舜臣将軍の姿を見ながらカタルシスを感じざるをえない。今、時代が必要としている指導者像を等しく備えた理想の人物として観客にアプローチしてくる。

『鳴梁』現象は、単なるカタルシスの消費水準を超えて国民と指導層が時代精神を真剣に考えるきっかけにならなければならない。各界の指導者はこれを通じて国民の不満と望みが何なのかを的確に読みとって対処案を見出せるはずだ。

全年齢層を問わずに観ている映画『鳴梁』は、世代間の共感と意思疎通を誘導できる良い素材だ。各級学校で韓国史の教育強化の必要性をよく示しながら、それ自体が立派な歴史教材でもある。歴史教育が単に民族の足跡を調べてこれを知識化・常識化するレベルを超えて、私たちの民族のアイデンティティを自覚して先人から知恵とリーダーシップを学ぶきっかけになる可能性があることを如実にあらわしている。時には一編の映画が、ある一時代の悩みを最も正確に、雄弁に語ることができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP