주요 기사 바로가기

サムスン、IoT分野に本格参入…スマートホーム時代はテレビが開く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.30 14:08
0
#週末午前、会社員のパク・ジンスさん(36)は洗濯機を回してソファに座りながらテレビで欧州のサッカー試合を見ている。洗濯機とエアコンは直接ボタンを押さないでテレビのリモコンで操作する。サッカー試合を見ている途中にもテレビ画面を通じて洗濯が完了したというメッセージを受け取り、テレビに設置したアプリを使って体を動かさなくてもエアコンの強さと温度を調節する。

サムスン電子が数千億ウォン台の企業合併買収(M&A)を決めるなど、未来型住まい「スマートホーム」事業を加速化させている。29日、情報技術(IT)業界やフォーブス等外信によると、サムスン電子は米国スマートホーム専門企業「スマートシングス(SmartThings)」と買収交渉を行っている。サムスンはスマートシングスに買収金額として3億ドルほどを提示したと伝えられた。またサムスンは最近インテル(Intel)が主導する「モノのインターネット(IoT)」コンソーシアムに続いてグーグルが主導するコンソーシアム「スレッドグループ(Thread Group)」にも参加した。IoT分野の最高専門家の1人に挙げられるアレックス・ホーキンソンが創業したスマートシングスは機器(デバイス)間の連結を助ける中央プラットホーム技術を有していて、開発者5000人以上で構成されたコミュニティを保有している。

特にサムスンは「室外ではスマートフォン、室内ではテレビ」という基調下にスマートホーム事業を育成している。例えばテレビリモコンやスマートフォンに「就寝モード」と話しかければテレビと電灯が消え、エアコンは睡眠モードに調節される。またサムスンは自社製作したアプリ「スマートビュー2.0」を通じて放送番組やYouTube(ユーチューブ)などの外部コンテンツをテレビとスマートフォンを行き来しながら自由に楽しめるようにした。グーグルがメディア「クロムキャスト(Chromecast)」サービスと似ているもので、スマートフォンやタブレットで見ている画面をテレビ画面でそのまま見ることができる。サムスンの場合、テレビ画面もスマートフォンで見ることができる。

あるIT業界関係者は「クロムキャストや『アップルTV』のようなセットトップボックス形態の機器によってテレビ事業の従来の構図が崩れてきている」として「テレビ市場の“伝統強者”であるサムスンが最も特化できる部分がモバイル機器とテレビ間のコンテンツ共有・交換機能」と説明した。

サムスンやグーグル、アップルなどIT業界のトップランナーたちがスマートテレビをはじめとするスマートホーム市場に積極的に参入している理由は簡単だ。スマートフォン市場の成長の勢いが鈍化する中、新たな成長アイテムとしてスマートホームほどの事業分野が他にはないためだ。米国IT企業シスコ(Cisco)によると、全世界のIoT市場が今後で10年間19兆ドルに達すると予測されている。サムスン電子関係者は「スマートフォンから始まってテレビ・エアコンに至るまで、すべての電子機器(デバイス)を生産する唯一の企業なので、スマートホーム市場に今以上に先導的に対処したい」と説明した。

◆モノのインターネット(Internet of Things)=インターネットを基盤にすべてのモノを連結させて人とモノ、モノとモノ間の情報を相互疎通する知能型技術・サービスを意味する。英語頭文字を取って「IoT」と略称する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン、IoT分野に本格参入…スマートホーム時代はテレビが開く

    2014.07.30 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンやグーグル、アップルなどが次の主力分野としているスマートホームサービスはスマートフォンやテレビリモコン等を通して室内すべての電子機器を制御できる機能だ。(写真提供=サムスン電子)
    TOP