주요 기사 바로가기

韓国勢に緊張もたらすソニー…強みは基本技術とコンテンツ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.20 09:33
0
今月9日、オランダの人材運営会社のランドスタートが23カ国の大学生と会社員など19万5000人に「最も働きたい企業」を尋ねた。1位はドイツのBMW、2位は日本のソニーだった。サムスン電子はソニーに続き3位に入った。『さよなら!僕らのソニー』(2012年)、『技術空洞 VAIO開発現場で見たソニーの凋落』(2007)のような本が出され数年が過ぎたが、普通の人の頭の中のソニーは相変らず健在だ。

だが、最近のソニーは腕と脚を切る苦痛に耐え命を賭けた構造調整をしている。最近創業の地だった東京・品川駅近くの御殿山の旧本社ビルを売却し、今年2月には高級ノートブックの象徴だったパソコンブランド「VAIO」も売却することを発表した。テレビ事業部門も7月に子会社形態で分社する予定だ。14日に発表した2013年度の業績は、1285億円の赤字(純損失)を記録した。売り上げ7兆7673億円は前年より14%増えたが、営業利益は265億円で88%減った。

1980年代に携帯用音楽プレーヤーの新たなページを開いた「ウォークマン」で、90年代には高画質テレビの代名詞「ベガ」で家電製品全分野にわたり世界最高峰の座にあったソニーは果たしてこのまま没落するのだろうか。最近単独インタビューしたソニーコリアの坂井賢司代表は「ソニーの没落」という問いに即答を避けた。坂井代表は「ソニーがいくつかのビジネスを失ったのは事実」としながらも、「韓国人は目先の勝ち負けに対する区分論理が強い」と話した。

代わりに坂井代表は、「VAIO」に代表されるパソコン事業売却とテレビ事業部門の分社などの事業構造調整をソニーがグローバル1位企業に復活するための苦痛の過程だと表現した。坂井代表は「われわれは少し遅れてはいるが、モバイルはソニーがニューワールドに行くチケットになるだろう」と話した。スマートフォンを中心に次世代ウェアラブル機器の時代をリードしていくということだ。2月にスペインで開かれたモバイルワールドコングレス(MWC)で初めて公開し最近韓国でも販売を始めたソニーのスマートフォン「エクスペリアZ2」と「スマートウォッチ2」「スマートバンド」などを例に挙げた。坂井代表は、「スマートウォッチの場合、2012年初めにすでに最初の製品を市場に出している。ウェアラブル市場では決して遅くない状況だ」と強調した。
韓国勢に緊張もたらすソニー…強みは基本技術とコンテンツ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国勢に緊張もたらすソニー…強みは基本技術とコンテンツ(1)

    2014.05.20 09:33
    뉴스 메뉴 보기
    ソニーが今年2月のスペインWMCで披露したウエアラブル機器
    TOP