주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>「儀典のために救助が遅れた」疑惑提起

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.15 16:41
0
新政治連合の陳善美(チン・ソンミ)議員は14日の安全行政委員会で、旅客船「セウォル号」沈没当時、消防防災庁が高位公務員の儀典のため現場救助活動に支障をきたしたという疑惑を提起した。先月16日午前、消防防災庁傘下119状況室と木浦海洋警察の通話録音記録を通じてだ。

陳議員によると、119状況室は当日午前10時34分から木浦海洋警察などに電話をかけ、救助された人たちを彭木港に移すことを要求した。これに対し、海洋警察は「今は人を救助するのが先であり、船は沈没した」とし「救助が優先なので、近くの島に降ろして救助しに行かなければいけない」と反対したという主張だ。

以下は陳議員が公開した録音記録。

119状況室=「保健福祉部、中央部処から今向かっているというが(珍島郡にある)西巨次島は島なので行けない」

海洋警察=「上の人たちが西巨次島に来ようと彭木に来ようと、知らない。我々は一人でも救助するのが先だ」

その直後、119状況室は西海地方警察庁(海洋警察)に2回電話をし、「中央政府から集まっているのに、別のところに行ってしまえばどうするのか」と圧力を加えた。

状況室は午前10時50分、木浦海洋警察にまた電話をした。

119状況室=すべての人や装備、消防と通知を受けたすべての関連機関も彭木港に集まっているのに、それが重要ではないと言ってはいけない。

海洋警察=ひとまず救助しておいて、とにかく一人でも海にいる人を移さなければいけない。

119状況室=中央部処から彭木港に集まっているのに(生存者が)西巨次島にいれば、みんな動けない状況になる」

陳議員は「119状況室は当時、現場を訪れた全南消防本部長の陣頭指揮で生存者を移送する姿を演出するため、海洋警察の救助を妨害した」と主張した。

これに対し消防防災庁は「海洋警察に対する要請は儀典とは関係がなく、応急救助のための移送経路を知らせた」とし「実際、録音記録には、彭木港に患者移送のためのヘリコプターや救急車が集結していて、そこに生存者を移送するべきだという内容が含まれている」と反論した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP