주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮の無人機を信じられないという韓国野党議員

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.04.13 11:32
0
坡州(パジュ)と白リョン島などで発見された無人機は北朝鮮が送ったものではない可能性が大きいという新政治民主連合鄭清来(チョン・チョンレ)議員の発言が波紋を起こしている。鄭議員は11日の国会外交統一委員会全体会議で、無人機にアレアハングルのフォントが書かれていた点と、一連番号に北朝鮮式の年号がない点を上げ、「これはコメディ」と主張した。同日国防部が「北朝鮮の無人機であることは確実だ」と発表した内容を真っ向から否定したのだ。それではアレアハングルのフォントが書かれたので北朝鮮製でなければ、日本製カメラを付けていたので日本から飛び立たせたという話なのか。また、チェコのエンジンを使っていたのでチェコから飛んできたということなのか。

鄭議員のほかにも野党陣営を中心にさまざまな疑問を提起し、偽物やねつ造の可能性を提起する人たちがいる。高空飛行していた無人機が墜落したのに機体はとてもしっかりしている、だれかが山にそっと持って行ったものというなどのあきれた主張をする人もいる。彼らは自身の「違うならいいけど」式の陰謀説を一様に「合理的疑い」で包装している。

国防部はこれに対し、「事実確認もしっかりしないまま北朝鮮に肩入れするような発言をするのは理解できない」という立場だ。偽装色が北朝鮮の無人機とほとんど同じで、韓国の軍部隊を集中撮影した点など北朝鮮の仕業と見る根拠は十分だという説明もした。いずれにせよ政府は民間専門家が参加する科学調査専門担当チームを編成し追加分析をすることにした。その結果を静かに見守るのが不必要な国論分裂を防ぐ正しい姿勢だ。

こうした陰謀説を提起して世論をかき回し政府を攻撃しようとする試みは過去にも何回もあった。4年前に北朝鮮が哨戒艦を爆沈させた時に野党陣営がそうした。北朝鮮の挑発という政府発表を否定して絶えず疑惑を提起し食い下がらなかったか。遺族と同僚の痛みは彼らの目には入りもしないようだった。さらにさかのぼると、大韓航空機爆破犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が韓国情報部によってねつ造されたという進歩陣営の陰謀説もやはりそうした部類ではないのか。韓国社会はこうした無責任なふるまいにあまりに大きな傷を受け、あまりに多くの費用を払った。今度は無人機で再びその前轍を踏むつもりなのか。

もちろん鄭議員の主張が野党の党論ではない。だが、彼は敏感な国家安保事案を扱う国会情報委員会の野党幹事を務めているという点から軽く見ることではない。新政治を標榜するという新政治民主連合は鄭議員の発言を「個人の意見」で片付けるのにとどまってはならない。発言の根拠を検証し彼の主張が正しいならば党論として公式に問題提起をするなり、そうでなければ鄭議員に自粛を求めるなどの措置を取るのが責任ある公党の姿勢だ。

結局政治家らが陰謀説を出すのはそれが政治的に自身に得になると考えるためだ。いまやその判断が誤りであるという点をはっきりと教えられるは有権者だけだ。(中央SUNDAY第370号)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP