주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>キム・ヨナのライバル…浅田ではない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.10 08:54
0
だが、浅田が団体戦で失敗したため雰囲気は反転した。むしろ自信が落ちる危機に陥った。日本のメディアは「不安を残す演技となった」(日刊スポーツ)、「五輪の重圧」(スポニチ)と報道した。

浅田の直前に演技をしたリプニツカヤの勢いは恐ろしかった。ショートプログラムの難易度(基本点31.93点)はキム・ヨナの演技(基本点32.03点)に劣らない。かなり難しい演技をリプニツカヤはミスなしでやり遂げた。ロシアの観衆の熱烈な応援を受けても少しも動揺しなかった。技術点(TES)39.39点、芸術点(PCS)33.51点で総合72.90点を取り出場した選手10人のうち1位に上がった。リプニツカヤに向けられた拍手と歓声が静まらない中で浅田がぐらついたために両選手はさらに比べられた。

FOXスポーツ解説委員として現場を訪れた米国フィギュアの伝説ミシェル・クワンは大会直前、「女子シングルでキム・ヨナの優勝可能性が高い。リプニツカヤはまだ若く大変な挑戦になるだろう」と予想していた。しかしリプニツカヤはホームのファンの熱烈な応援をむしろ楽しむようだった。

リプニツカヤは先月の欧州選手権大会でショートとフリーで合計209.72点を取り、国際スケート連盟(ISU)女子フィギュア公式大会史上で4番目となる高得点を上げた。今シーズンのISU公式大会最高点者であり歴代1~3位の記録を持つキム・ヨナのすぐ後にいる選手だ。上昇の勢いに乗っているリプニツカヤは強い心臓も持っているということを証明した。


<ソチ五輪>キム・ヨナのライバル…浅田ではない(1檁

【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP