주요 기사 바로가기

ニコル、KARAから独立

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.14 09:39
0
KARAのニコル(23、本名チョン・ヨンジュ)が結局、KARAを離れてソロになる。

KARAの所属事務所DSPメディアは14日午前0時、公式ホームページに「過去7年余りKARAのメンバーとして苦楽を共にしてきたメンバー、ニコルが16日付でDSPメディアとの専属契約が終了する」と明らかにした。

さらに「(ニコルの)KARAとしての活動は終了となり残念だが、新しい道を準備中のニコルを共に応援して下さるようお願いしたい」として、KARAの今後の活動については「KARAは今年、個別の演技活動やアルバム発表など活発な活動を計画中だ。より一層新たな姿でファンの皆さまにお会いするKARAのメンバーに、今後も今までと変わらない大きな応援と愛をお願いしたい」と依頼した。

ニコルの脱退はすでに予想されていた。DSPメディアは昨年10月、ギュリ、スンヨン、ハラの3人は2年間の再契約を完了したがニコルとジヨンは再契約をしなかったと明らかにした。ニコルも昨年、日本の神戸ワールド記念ホールで開かれたアリーナツアーの中でグループ脱退を明らかにして涙を流していた。当時彼女は「大変な時もあったが、大切な思い出を作ることができてうれしい。努力し続ける。見守ってほしい」と話した。

ニコルは2007年に4人組KARAの初期メンバーとしてデビューした。約7年間KARAで活動して『Break It』『If U Wanna』『Pretty Girl』『Honey』『LUPIN』『STEP』『Jumping』などのヒット曲を出した。昨年9月に発売した4枚目のアルバム『Full Bloom』が国内最後のアルバムだ。KARA5人組「完全体」の最後の舞台は、昨年12月31日MBC(文化放送)の『2013歌謡大祭典』だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ニコル、KARAから独立

    2014.01.14 09:39
    뉴스 메뉴 보기
    KARA。
    TOP