주요 기사 바로가기

南大門欠陥復元1911日の備忘録<下>伝統復元は1日だけのショーだった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.04 11:14
0
2010年2月10日午前10時。崇礼門(スンレムン、南大門)の火災現場で復元工事の開始を知らせる起工式が行われた。この日、楼閣上段に横に置かれた木材を解体し本格的な工事に入った。当時文化財庁は報道資料を出し、「崇礼門復旧は全過程が伝統方式で行われる」と明らかにした。「現場作業員は韓服を着て作業をし、崇礼門に鍛冶場を設置して伝統道具を直接製作して使う」という内容だった。

しかしこうした方針は徹底した対外広報用だったことがわかった。本紙が単独入手した崇礼門復旧諮問団第6回会議録(2010年3月11日)には文化財庁の当初発表が誇張されたという事実を認める内容が出てくる。この日の会議にはパク・オンゴン技術委員長をはじめとする諮問委員8人とチェ・ジョンドク復旧団長を含めた文化財庁関係者8人が参加した。

◇「鍛冶場で道具製作」→ごく一部

A氏=「現実は当初意図や発表ほど伝統技法を使うのは不可能だ」

B氏=「伝統服着用も改良を適用する折衷が必要だ。活動性の良い服を考案する必要性がある」

この日の会議では、「伝統方式の通りに挙重機を使うのは不可能だ」という結論も出された。会議録には「運搬、組み立て、積み上げは現代式道具を使う」と明記されている。ある出席者は、「挙重機は水原(スウォン)・華城(ファソン)の工事の際も実験的に1機だけ作ったが実際には使わなかった」と話した。「挙重機は文献記録上にあるだけで製作や使用の方法などは伝えられていない」という指摘も出た。

◇「韓服着て作業」→ほとんどが私服

しかし、それから1年後の2011年2月10日。文化財庁がメディアを対象に開催した復旧説明会に挙重機が登場した。韓服姿の作業員が柱と縄を利用した昔の挙重機で石材を持ち上げる姿を公開した。1年前の諮問団会議ですでに使わないことを決めた挙重機だった。実際の崇礼門復元工事で挙重機は1度も使われなかった。伝統方式で工事するということを強調するために使いもしない挙重機で大々的な「ショー」を繰り広げたのだ。

文化財庁は崇礼門復元工事が行われる間、「全過程を伝統方式で工事する」と広報してきた。本紙が入手した「崇礼門復旧事業決算内訳」によると、崇礼門展示館建設など広報性事業に約21億ウォンを配分し広報に集中した。歴代の文化財庁長も「徹底して伝統技法で復元する」と何度も公言した。しかし本紙取材班が工事に参加した作業員と職人らを取材した結果、崇礼門の復元は「徹底した伝統」ではなく「見かけだけ伝統」で行われた工事だった。

文化財庁は、木材を切らない状態で持ってきて大工がのこぎりで直接手を入れると広報した。だが現場作業員の話は違う。ある作業員は「木材の一部は製材所から空輸された」と話した。これに対しシン・ウンス大木匠は本紙の取材に「全部手でやった」と否定した。

崇礼門に設置した鍛冶場も事実上大きな機能を果たさなかったことがわかった。文化財庁は、「伝統道具を鍛冶場で作って使う」としたが、作業員は「石切のみのような簡単な道具だけ鍛冶場で作って使ったが、残りはこれまで使っていた個人の道具で作業した」と話した。

伝統服もやはり広報だけだった。文化財庁は「現場作業員が韓服を着て作業をする」と何度も明らかにした。だが工事に参加したある作業員は、「改良韓服で作った作業服が支給されたが便宜により個人作業服を着る場合も多かった」と話した。資材をいい加減に扱うことも日常茶飯事だった。工事現場を直接目撃したある文化財専門家は、「現場に行ってみたら木を上から投げ垂木を勝手に抜き取るなどめちゃくちゃだった。伝統方式で復元するとしていたのに一般の工事現場と変わるところはなかった」と話した。

過度な広報事業に21億ウォン支出

慶州(キョンジュ)大学文化財学科のチョン・ビョンモ教授は、「文化財庁が伝統方式に対する徹底した調査なく過度な広報をしてショーをしたとみる。崇礼門を原形に近く生き返らせるために過去の技法を使うことも重要だが、原形復元に現代的技術が役立つならそれを活用すれば良かったこと」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    南大門欠陥復元1911日の備忘録<下>伝統復元は1日だけのショーだった

    2013.12.04 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    南大門伝統復元は1日だけのショー。
    TOP