주요 기사 바로가기

大韓航空、米ボーイング社と無人ヘリコプター技術協力のMOU締結

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.31 15:25
0
大韓航空が過去に自社製作した500MDヘリコプターを無人機に改造する。

大韓航空は30日、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)のKINTEX(キンテックス)で開かれた「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会(ADEX)」で、米国ボーイング社と500MDヘリコプターの無人化技術協力のための了解覚書(MOU)を締結した。

これにより、大韓航空は韓国陸軍の500MDヘリコプターを無人機に改造できる技術を確保することになる見通しだ。了解覚書によると、大韓航空は無人ヘリの設計や改造、飛行試験技術などの支援が受けられる。500MDは、現在ボーイング社に合併された米国ヒューズ・ヘリコプターズ(Hughes Helicopters)社とマクドネル・ダグラス(McDonnell Douglas)社が1963年に開発した軽攻撃型ヘリだ。

大韓航空は、76年から88年までライセンス生産方式でこのヘリを製作して陸軍に供給した。大韓航空が製作した約250台は海外に逆輸出されることもあった。

このヘリコプターは現在も陸軍で使われているが老朽化し、漸進的に国産機動ヘリである「スリオン」などに置き換えられる予定だ。大韓航空は、置き換えの対象である500MDを廃棄する代わりに、無人機に改造してさまざまな方面に活用していく計画だ。

無人ヘリコプターは偵察・補給・捜索などの危険な作業や単純反復型の作業に投入される。これに関してボーイングは、すでに2004年に500MDを変形させた無人ヘリコプター「リトル・バード(Little Bird)」を開発している。このヘリコプターは昨年12月に韓国でも20分間の試験飛行をしたことがある。大韓航空関係者は「韓国における初のヘリコプター無人化技術を確保するきっかけになるだろう」とし、「技術開発が完了すれば、全世界の500MDの無人化過程にも積極的に参加する計画」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓航空、米ボーイング社と無人ヘリコプター技術協力のMOU締結

    2013.10.31 15:25
    뉴스 메뉴 보기
    大韓航空が無人ヘリコプターに改造する予定の500MD。
    TOP