주요 기사 바로가기

【コラム】大学入試で必修となる韓国史、負担減らすには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.02 16:37
0
韓国社会で大学入試(大入)ほど強力なものがあるだろうか。「大入に出てくる」または「大入に反映する」のような内容さえ入っていれば、学生や保護者の立場からここに目がいくほかはない。国家英語能力評価試験、学校暴力記録、ボランティア活動、人格教育、学校体育活動など、どこかで一度聞いたような「大入反映」のレパートリーだ。

韓国政府とセヌリ党が先月末、大学入試に韓国史科目を反映することに決めた。いくつかの方法をめぐって今月末まで意見を取りまとめる予定だ。この頃の学生たちの歴史無知が深刻な状況だという問題意識から出発し、大入必修の反映が議論され、世論もやはりここに力が入っている。

だが、こうした必修反映について憂慮する声も明らかにある。何より大入に反映されればすべての学生が韓国史の試験にかけなければならない負担が最初にある。このような負担のために学生たちが私教育に依存する現象が広がるという憂慮が、その次だ。教室で、そうでなくてもつまらなく教えている韓国史が入試科目になれば、暗記科目に転落するという心配も後につきまとう。最終的には、果たしてこのような形で大入に反映するのが教育的に妥当なのかという指摘もある。教育当局は韓国史教育の必要性や趣旨に共感する世論を反映しながらも、施行過程にあらわれうるこうした憂慮の声に傾聴する必要がある。

受験生の試験負担が増す問題は、単純に必修課目をさらに一つ追加する問題程度で受けとられては困る。学生の立場では、科目が増えようが減ろうが負担の総量は大きく変わらない。点数と順位算出、合格者選定という大入過程でかえって科目が少ないほうがより大きな心的負担を与える可能性もある。

結局、問題の本質は序列(ランク・rank)にある。「平均と標準偏差-標準点数-百分位点数-等級」という算出過程は、人を踏みこえて自分が生き残るというシステムだ。ここでは試験が簡単に出題されても全くうれしくなく、どれか一つの科目でも狂いが生じれば最低学力基準ライン以下に転がり落ちる。標準点数帯別の累積人員まで出てくるため、このような試験は学生たちのストレス指数を高める。ここに大学が韓国史試験の点数を国語・英語・数学など他科目の点数(標準点数または百分位点数)と合算して合・不合格者を選り分けることになるならば、韓国教育課程評価院のような出題機関は、大学がこのランクづけをうまくやって選別できるよう韓国史試験の弁別力を検討することになるだろう。この弁別力のために試験問題をひねって出したり、基本的な暗記が後押しされなければ手が付けられないような高難度の問題を出題するのは基本だ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP