주요 기사 바로가기

サムスン-アップル特許戦争、今週分岐点

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.29 08:38
0
2年以上続いたサムスンとアップルの特許紛争が今週、分岐点を迎える。28日業界によれば、米国国際貿易委員会(ITC)は来月1日(米国時間)、アップルが要請したサムスン電子スマートフォンの米国輸入禁止についての最終判定を下す。ITCは昨年の予備判定でサムスンのスマートフォンの輸入禁止を決めた。

8月5日以前にはアップルのiPhone(アイフォン)の米国輸入禁止措置が施行される展望だ。先立ってITCは、サムスンの要請を受け入れ6月の最終判定でiPhoneの米国輸入禁止を決め、オバマ米大統領にこうした内容の勧告案を上げた。大統領は60日以内すなわち来月5日以前に拒否権を行使することができる。これに先立ち米国有力日刊紙ウォールストリートジャーナルは25日、米主要通信社ベライゾンの副会長が書いた「特許権紛争に大統領が介入すべき」という要旨の寄稿も載せた。しかし25年間、米大統領がITC勧告に拒否権を行使したことがなくiPhoneの輸入禁止が確定する可能性が大きい。

これに伴い、今週中にサムスンとアップルの交渉も本格化するものと見られる。サムスンとアップルは昨年末から交渉を進めて今年2月の合意を目前にしていたが終盤に決裂した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP