주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本ファンが怒り…「ブラジル戦は0点」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.06.17 11:45
0
日本サッカーファンが怒りを表している。

日本は16日(日本時間)、ブラジルのブラジリアで行われた2013コンフェデレーションズカップ1次リーグA組ブラジルとの開幕戦で0-3と完敗した。日本は昨年10月の欧州遠征でもブラジルに0-4で敗れている。日本は過去の試合よりも良いプレーを見せるという覚悟で臨んだが、ブラジルの壁は高かった。

ヤフージャパンは試合後、「サッカー日本代表、ブラジル戦は何点?」というアンケート調査を実施した。17日午前現在、1万4044人が参加した中、「0点」が27.2%(3821票)で最も多かった。次いで「3点」が20.7%(2902票)、「2点」が13.6%(1909票)、1点が12.4%(1747票)だった。低い点数帯の0-3点が73.9%で圧倒的に多かった。一方、10点は2.3%(321票)、9点は0.4%(56票)、8点を1%(139票)にすぎなかった。

ネットユーザーは「これが日本の実力」「ブラジルが非常に強かった」「ワールドカップ最終予選の後半から日本代表チームはよくない」「今の日本代表は精神的に弱い」などの意見を出している。

日本代表DF長友佑都は「味わったことがない屈辱だった。ブラジルとはすべてにおいてレベルが違う」とし「中学生とプロのレベル。僕が中学生のレベルで、向こうがプロのレベル。個のレベルが違いすぎる。今の日本代表でブラジル代表に入れるかと言ったら、だれ一人入れない。それほどの差がある」と実力の違いを認めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP