주요 기사 바로가기

“偽ブランド品生産の絶対強者”は中国…韓国は主要国に明記されず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.18 10:22
0
中国政府は「偽ブランド品大国」という汚名を脱ぐため努力はした。2011年7月まで9カ月にわたり大々的に偽ブランド品の取り締まりを行った。偽ブランド品業者9000人を司法処理し生産施設1万3000カ所を閉鎖した。しかし、偽ブランド品の生産と販売は簡単には減らないでいる。UNODCによると1999年から昨年までの13年間に偽ブランド品生産と販売は10.2倍に増えた。

偽ブランド品市場の膨張に対しUNODCは、有名ブランドのグローバル調達システムを最大の要因に挙げた。グローバル企業は部品を世界各地に分散した下請け企業から調達する。90年以後に本格化した現象だ。ナイキの場合、本社は製品デザインをするだけだ。UNODCは「真正品業者に部品を供給する中国企業が偽ブランド品用の部品を生産するケースも多い」と話す。

こうした事情から、有名ブランドの製作ノウハウが部品企業に露出するのは常で、真正品と偽ブランド品の品質格差も急激に減った。UNODCは「偽ブランド品が真正品売り場に陳列され売れることも少なくない」と指摘した。
“偽ブランド品生産の絶対強者”は中国…韓国は主要国に明記されず(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP