주요 기사 바로가기

【コラム】中国が朴槿恵次期大統領を好む4つの理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.17 16:41
0
4つ目は好印象だ。 中国に「来者善からず、善者来たらず(善者不来 来者不善)」という言葉がある。 それだけ知らない人に対する恐れが多い。 これを緩和できるのは好感を与える印象だ。

中国人は朴次期大統領が優雅で、特に気品があると話す。 好印象に関しては、昨年初め失脚した薄熙来元重慶市党書記にまつわる話がある。

1990年代後半、薄熙来が大連市長だった当時、韓中間で貿易関連行事が開かれた。 韓国からは国会議員が出席した。 行事が終わった後、薄熙来が見せた最大の関心は、韓国の議員はどのように髪をケアしているのかという点だった。

中国の多くの女性が韓流ドラマを見ている。 内容を楽しむが、ドラマの韓国女優のヘアスタイルやファッションに特に関心が大きい。 中国人と会う時は好印象を与えられるよう、外貌を整える必要がある。

来歴をうまくまとめ、中国語を少し話し、謙遜した態度で、好印象を与えれば、あなたの中国取引はすでに半分は成功したといえる。 では、残りの半分は何か。 実利をめぐる駆け引きだ。

現実的な思考をする中国との取引で実利をやり取りするのは必須だ。 対中外交も同じだ。 朴次期大統領はすでに半分は中国の心をつかんでいる。 今後、朴槿恵政権の対中外交の成敗は、中国と実利を交わすゲームで中国の出方をどれほど読み取れるか、これに合わせて韓中両国がウィンウィンできる損益計算表をつくれるかにかかっている。

ユ・サンチョル中国専門記者
【コラム】中国が朴槿恵次期大統領を好む4つの理由(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP