주요 기사 바로가기

【時論】韓国ロケット「羅老」に拍手を!(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.25 16:54
0
科学衛星を搭載したロケット「羅老」が26日(予定)、3度目の打ち上げに挑戦する。 今回成功すれば、韓国は世界で人工衛星を打ち上げた10番目の国として記録される。 挑戦と失敗で綴られた先進国の宇宙開発史を考えると、韓国はむしろ順調な方だ。 これまで挑戦した11カ国のうち、1回目で成功したのは3カ国にすぎない。

その間の失敗で、一部から「協力パートナーのロシアから源泉技術の移転がない」という声が出ているが、これは誤った評価だ。 「羅老」開発の国際協力を模索した当時、すべての国が核心技術の流出を避けたが、唯一、ロシアだけが協力の意思を明らかにした。 開発の過程で、宇宙センター建設、システム統合技術、発射運用技術などは、国際協力がなかったとすれば、より多くの試行錯誤を繰り返していたかもしれない。 最初のロケット開発に成功する確率はわずか27%だ。 日本も1970年に最初の打ち上げに成功するまで4回の失敗を経験している。

これまで韓国は新政権が誕生する度に航空宇宙開発支援の意志を明らかにした。 しかし10年、20年後の未来に対する投資と支援は依然として少ない。 宇宙開発のための長期的ロードマップも確定していない。 日本の10%にもならない予算規模、総括支援本部組織がない状況で、過去12年間に教育科学技術部の宇宙発射体担当課長が12回も交代する“持続不可能”組織構造では、宇宙開発政策の推進力を期待するのは難しい。 しかも宇宙先進国レベルの高い成果を望めば、無理が伴うしかない。 その間、緊張の中で「羅老」打ち上げの準備をしてきた大韓民国の宇宙科学者、宇宙開発の挑戦に精進する人たちに熱い声援を送ろう。 宇宙開発アップグレードの次の段階の2018年には、韓国型ロケットKSLV-2の開発のための、もう一つの挑戦が待っている。

許喜寧(ホ・ヒヨン)韓国航空大学経営学科教授


【時論】韓国ロケット「羅老」に拍手を!(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP