주요 기사 바로가기

【コラム】韓国人をなぜ英語の名前で呼ぶのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.23 18:11
0
場面1.「チョルスに会ったことはあるか」。私の質問に外国人の友人は「その人の英語の名前は何というのか」と問い返す。 「英語の名前があるかどうかは知らない」という私の返事に、友人は「英語の名前がないはずはない」という表情を見せた。

場面2.“クララ”という名前の韓国人女性と30分間ほど話したことがある。 「本当の名前は何ですか」と尋ねると、“クララ”は「なぜ知りたがるのですか。ダニエルは外国人でしょう?」と答えた。

場面1は最近のことで、場面2は数年前のことだ。 ともに理解しがたいことだった。 多くの韓国人は外国人を相手にする時は自分も英語の名前を使わなければいけないと思っているようだ。 これは根深く定着しているため、私がそうするべきでないと提案すれば、読者も私を変な人だと思うかもしれない。 「私をブラッドと呼んでください」「私の名前はジェニファーです」などという韓国人に会わない日は一日もない。

正直にいうと、私はそう呼びたくはない。 名前を呼ぶのは基本的な礼儀の問題だ。 相手の人格を尊重するなら、本名を知って呼ぼうとするのが当然ではないだろうか。他の国でもなく韓国で、韓国人を英語の名前で呼ぶほど、自分が怠け者になってもよいのだろうか。

確かに外国人には発音が難しい韓国の名前もいくつかある。 しかし難しいからといってすぐにあきらめてしまってもよいのだろうか。 きちんと呼べるように努力するのが礼儀だ。 名前を誤って発音しても世の中が終わるわけではない。

多くの韓国人は私の名前を誤って発音するが、私は気にしていない。 「私はダニエル・チューダーですが、みんな“タニエル・チューナー”という発音になるので、呼びやすく“チョルス”と呼んでください」と言えば変な感じがする。

英語の名前を使う傾向はシンガポール・香港を除いて韓国が最も強いようだ。 英国で経営大学院に通った当時、3人の外国人の友人が英語の名前を使っていたが、そのうち2人が韓国人だった。 この2人を除いた残りの韓国人学生8人は本来の自分の名前を使ったが、私たちには何も問題はなかった。 同級生の中には他の国から来た友人も多かったが、名前は「トルルロプ」「アタナシオス」などだった。 私たちは徐々に慣れていった。
【コラム】韓国人をなぜ英語の名前で呼ぶのか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP