주요 기사 바로가기

【経済view&】サムスン-アップル特許戦争の本質(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.05 14:52
0
筆者の考えでは、アップルが本当に恐れているものは別にあるようだ。 サムスンが従来の「製造の円滑性(manufacturing excellence)」や技術革新を通じた機能の追加および向上などハードウェア(HW)基盤の思考を越えることだ。 グローバル市場支配力を基盤にアップルより優れた生態系を狙った高次元のグローバル戦略に思考を転換することを警戒していると考えられる。

国家知識財産委員会によると、世界初のMP3プレーヤーは韓国のベンチャー企業が開発した。 しかしMP3プレーヤーと聞いて思い浮かぶ製品はアップルのiPodだ。 使用者の便宜と感性を刺激する革新的なデザインと機能のおかげだ。 IT業界で製造を基盤に成功した企業は、すべて優秀な技術を基本的に保有している。 今は消費者の感性を一足先に把握し、その心を盗む技術を習得するための思考の転換が必要となる。

製造とインフラおよび金融企業と知られたGEも年間およそ25億ドルの売上高をソフトウェア関連分野で出している。 2015年までにこの分野で2けた成長率を達成するために、産業用ソフトウェアおよびビッグデータアナリティクスのような新しい生態系の拡張に取り組んでいる。

韓国はIT強国と呼ばれるが、ITと関連したハードウェア中心の強国という表現がより正確ではないかと思う。 実際、ソフトウェアやコンテンツ事業の場合、国際化という側面で見れば、強国というタイトルはぎこちなく聞こえるのが事実だ。 幸いなのは、ハードウェアとソフトウェアは相互作用を通じて発展する有機的な関係である点だ。 このため韓国企業の成長潜在力は大きい。

サムスンとアップルの特許紛争を通じて国内の多数の製造企業が従来のハードウェア技術競争力の枠から抜け出し、新しい生態系の構築というビジネス戦略の必要性を再認識する契機になればと思う。

カン・ソンウクGEコリア社長


【経済view&】サムスン-アップル特許戦争の本質(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP