주요 기사 바로가기

世紀の特許戦争…サムスン、独でアップルに“判定勝ち”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.22 10:10
0
ドイツのマンハイム地裁がサムスンとアップルの特許訴訟でサムスンに軍配を上げた。

マンハイム地裁は21日(現地時間)、アップルが「マルチタッチ技術特許を侵害された」としてサムスン電子を相手に起こした訴訟で原告敗訴判決を出した。マルチタッチ技術の特許は、スマートフォンの画面でテキストをコピーする方式に適用された技術。コピーのためにテキストを押していればテキスト両端にアイコンが浮かび上がり、このアイコンを調節してコピー範囲を設定する機能だ。

今回の訴訟は、先月24日に米カリフォルニア北部連邦地裁の陪審員がアップルの一方的な勝利を評決して以来、欧州で開かれた最初の本案裁判だった。先月31日には日本東京地裁が、「メディアプレーヤーコンテンツとコンピューターの情報を同期化する方法」に関する特許侵害訴訟でサムスンに軍配を上げている。今回の判決は欧州通信市場が大きいという点と、アップルが強調するUIに関する判断という点で注目されてきた。

アップルは昨年6月、独マンハイム地裁にサムスンが自社の商用特許6件を侵害したとして提訴した。この日の判決は6件の技術のうち最後の技術。3月にマンハイム地裁はスマートフォンのロック解除技術に関し、サムスンはアップルの特許を侵害していないと判決した。この日の判決を含め、サムスンはマンハイムで“2連勝”となった。

マンハイム地裁は2本の指でスマートフォン画面を拡大する「ピンチトゥズーム」など残り4件の技術に対しては判決を留保した。マンハイム地裁は3月と5月に開かれた公判で、「サムスンが起こしたアップル特許無効審判に対する結論が出た後、残りの技術に対して判決する」と明らかにした。

サムスン電子はこの日の判決に関し、「アップルの知識財産権を侵害していないことが法的に認められた」とし「サムスン電子は今後、世界市場に革新的な技術を取り入れた製品を持続的に出していく」と明らかにした。

一方、サムスン電子とアップルの米国訴訟戦にアップルの最新スマートフォンiPhone5も含まれる見込みだ。サムスン電子はiPhone5が自社の特許を侵害したと判断され、製品検討後に訴訟対象に含める予定だという内容の文書を19日(現地時間)、米カリフォルニア北部連邦地裁に提出した。iPhone5が含まれる訴訟は、サムスンが4月に標準特許2件と商用特許6件を侵害されたとしてアップルを相手取り提訴したものだ。当時はiPhone4S、iPhone4、ニューiPad、iPad1を対象にしたが、ここにiPhone5が追加される。

iPhone5がこれら8件の特許のうちどの部分を侵害したとサムスン側が判断したかはまだ明らかでない。ただ、この訴訟の8件の特許には、その間サムスンがiPhone5に圧力を加える武器と評価されてきた第4世代(4G)LTE(ロング・ターム・エボリューション)関連の特許はない。

サムスン電子は今回の文書提出に関し、「訴訟よりも革新を通じた市場競争を好むが、アップルが訴訟で市場競争を制限している状況で持続的な革新と知識財産権保護のために最小限の対応をせざるを得ないと判断した」とし「やむを得ずiPhone5提訴を検討することになった」と公式立場を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP