주요 기사 바로가기

iPhone5、大きく薄くなったが…革新はなかった

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.09.13 14:36
0
期待を集めたアップルの新製品「iPhone5」が公開されたが、サプライズ発表はなかった。 従来の製品より薄く、軽く、長くなったが、革新的な機能は見られず、市場の反応は冷ややかだ。

アップルは12日(現地時間)、米サンフランシスコのイエルバ・ブエナセンターでiPhone5を公開した。 iPhone5は以前の製品のiPhone4S(3.5インチ)より大きい4インチ画面を搭載している。 縦に長くなり、画面比は3:2から16:9となった。 このため一ページのアプリケーションアイコンが、下段にある基本設定を除いて5列まで入るようになった。 厚さも7.6ミリとiPhone4Sより18%薄くなり、重さも112グラムと20%軽くなった。

またiPhone5は最新通信サービスのロング・ターム・エボリューション(LTE)に対応している。 国内で使用する800メガヘルツと1.8ギガヘルツを含め、5種類の周波数帯域に対応し、SKテレコムとKTはiPhone5でLTEサービスが可能になった。

スマートフォンの頭脳にあたるアプリケーションプロセッサー(AP)は従来の2倍速い次世代チップセットA6を搭載した。 そのほか、光が少ない状況でも撮影が可能なカメラ「アイサイト」、3D衛星地図機能「フライオーバー」、ナビゲーション機能「ターンバイターン」なども公開された。

この日の発表については「大躍進はなかった」という評価だ。 メディアと業界が予想していた範囲のもので、スマートフォンのトレンドを率いるほどの新しい技術や機能は見られなかった。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    iPhone5、大きく薄くなったが…革新はなかった

    2012.09.13 14:36
    뉴스 메뉴 보기
    アップルの新製品「iPhone5」。
    TOP