주요 기사 바로가기

韓国衛星ロケット「羅老」、10月末に打ち上げ…「4度目はない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.12 09:06
0
人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」が10月26日から31日の間に打ち上げられる。2度目の打ち上げ失敗を踏んで、3度目の挑戦となる。

教育科学技術部は11日、「羅老」打ち上げ準備状況と技術検討などを経て、この期間に打ち上げるのが最もよいという結論を出した、と明らかにした。

教科部は国際民間航空機関(ICAO)、国際海事機関(IMO)などの関連国際機構に通知する文書に、打ち上げ予定日を10月26日、打ち上げ予備日を10月27-31日と記入する予定だ。

教科部のノ・ギョンウォン戦略技術開発官は「慣例上、打ち上げ可能期間の初日を打ち上げ予定日とする」とし「最終打ち上げ日時は今後、気象状況などを考慮して決定される」と説明した。

打ち上げ可能時間は該当期間の毎日午後3時30分-午後7時と予想される。ノ開発官は「今後の気象条件などによっては予定期間内に打ち上げが行われない場合もある」と述べた。

今回決定した関連情報と発射体から分離した衛星フェアリング、1段目ロケットの予想落下時間、落下区域情報などは、航空機と船舶の安全運航のために関連国際機関と関連国に通知される。

現在、全羅南道高興(コフン)羅老宇宙センターではロケット組み立て作業が行われている。教科部は4度目の打ち上げはないと確認した。当初ロシアと3度目の打ち上げまで契約したからだ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP