주요 기사 바로가기

韓国で児童ポルノ1日1万件ダウンロード、制作量は世界6位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.03 09:50
0
「児童のわいせつ物を見ながら子どもと性関係をしてみたいという思いを抱くことになった」。

羅州(ナジュ)児童性暴行事件の犯人コ・ジョンソク(23)は警察の取り調べでこのように述べた。児童わいせつ物が児童を対象とした性犯罪をあおっている。特に児童に性的興奮を感じる「ロリコン」に児童ポルノは一種の犯罪触媒剤として作用する。実際に最近起きた児童性暴行事件の背後には児童わいせつ物が常連のように登場する。コ・ジョンソクはネットカフェで児童わいせつ物をしばしば見ていたことがわかった。コ・ジョンソクの犯行動機などを分析した警察庁科学捜査センターのクォン・イルヨン警部は、「小児嗜好症には児童だけを性的対象と感じる人と、成人と児童を含む2種類があり、コ・ジョンソクは後者に該当する。彼は子どもや女性など弱い存在を思いのままに統制することによって自尊感と快楽を得る人物」と話した。

統営(トンヨン)の小学生殺害犯キム・チョムドクのコンピュータからも児童わいせつ物70本余りが発見された。小学生を学校から連れ去り性暴行したキム・スチョルも犯行前日に児童わいせつ物50本余りを見ていたことが明らかになった。警察大学行政学科のイウンヒョク教授は、「児童性犯罪者の3人に1人が犯行直前に児童ポルノを見ていたという研究結果がある。児童わいせつ物は児童性倒錯者など社会的弱者には性犯罪を起こす触媒剤になりかねない」と指摘した。

だが、韓国ではその気になれば誰でも簡単に児童わいせつ物に接することができる。光州(クァンジュ)地方警察庁サイバー捜査隊は2日、スマートフォンを通じて児童わいせつ物を常習的に流布した容疑(児童・青少年の性保護に関する法律違反)で23歳の男ら60人を摘発し調査していると明らかにした。

警察によると男らは5月から最近までスマートフォンにあるチャットアプリケーションで児童が出演するわいせつ動画5本を3回以上繰り返し流布した容疑を受けている。光州警察庁サイバー捜査隊は先月1日にもスマートフォンのアプリで児童ポルノ動画を流布した32歳の男を在宅で立件した。男が流布した動画は国内で制作されたもので、女児が成人男性を相手に類似性行為をする場面が含まれていた。

学界では韓国内のウェブハードやP2Pサイトなどを通じ年間約420万件の児童ポルノがダウンロードされていると推定する。実際にある有名ウェブハードサイトで児童ポルノを意味する「ロリータ」を検索するとすぐに「日本の小学生」など海外の児童わいせつ物12件が検索された。最近では韓国内で制作された児童わいせつ物も登場した。英国インターネット監視財団によれば韓国は世界のオンライン児童わいせつ物制作の2.16%を占めた。米国の50%、ロシアの14.9%、日本の11.7%、スペインの8.8%、タイの3.6%などに続き主要制作国のひとつとして浮上している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP