주요 기사 바로가기

【コラム】対日本戦略を見直そう(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2012.08.21 16:49
0
天皇は日本の形式上の国家元首だ。 しかし神格化した天皇の存在をむやみに取り上げたという点で、日本社会の世論が沸点まで駆け上がった。 進歩性向の日本メディアさえも韓国大統領に「失礼」を繰り返し、攻勢を緩めていない。 日本では「幼稚だ」「レベルが低い」「真っ青になった」などの侮辱的な表現までが登場している。

天皇にまず訪韓を要請したのは李明博大統領だ。 08年4月に日本を訪問した際、李大統領は天皇に言及した。 日本が先に天皇の訪韓に言及してもないのに、韓国の大統領が訪韓を要請しておき、今になって「過去の謝罪」の前提条件を付ける姿に、日本が問題を提起している局面だ。

日本のこうした世論には決して同感はしないが、日本に向けて繰り広げた私たちの戦線が無分別に拡大したという印象は否定できない。 天皇の訪韓要請に関する前後の順序を見ると、少なくともそうだ。 形式はすなわち名分だ。 名分で劣勢になると自ずと追い込まれるものだ。 独島訪問後に出てきた李大統領の発言は、こうした点でやや不利だ。

日本の天皇が国民にとって至尊の対象という点は知っている人はみんな知っている。 それなら天皇に対する話は、独島での戦線とは違う次元で扱わなければならない。 こういう話を不適切な時期にして日本の世論を沸き上がらせるのは決して賢明な方法ではない。

戦いの技術が戦術だ。 戦いの全体を把握して賢く戦う方法が戦略だ。 戦術だけでは大きな戦いで敗れる。 より大きな次元の摸索があってこそ戦いに勝つことができる。 戦略を構成する非常に重要な部分、相手のどこを避けるべきかに関する「知彼」の摸索で、今回の戦いが拡戦方式で誤ったという気がする。 戦いの相手を正しく見極めながら、どのように効果的に戦うかについて戦略的な摸索が必要だ。 今回の日本との戦いも決して例外ではない。(中央SUNDAY 第284号)
【コラム】対日本戦略を見直そう(1)


最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP