주요 기사 바로가기

アップル「デザインをまねた」vsサムスン「独創性もないくせに」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.01 08:45
0
アップルがサムスンのデザイン盗用に火力を集中しているのに対し、サムスンはアップルのデザイン自体が独創的でないということを立証するのに力を入れている。サムスンがiPhone最初のモデルのデザイナーである西堀晋氏を証人として呼ぶのに総力を挙げたのも同じ脈絡だ。サムスンは「2006年にビジネスウィークに出てきたソニーのデザイナーのインタビュー内容をアップルのデザイナー同士で共有しiPhoneのデザイン方向を決めた」と主張した。当時デザイン責任者の1人だった西堀の証言のためにサムスンは1年間彼を追跡してきたという。西堀が昨年11月裁判所を通じ「病気で休暇中」として証言を断ると、サムスン側は彼のツイッターを基に「今年1月にハワイやバリを旅行して2月には10キロメートルのマラソンにも参加する人がどうして病気なのか」と反論したりもした。これに対しアップルはソニーより先に出したiPhoneのプロトタイプである「パープル」を公開し、「ソニーのデザインはまねていない」と対抗した。

こうした中、アップルがデザインのような感性的な部分を、サムスンが技術的な部分を強調するため技術的専門性よりは感性的分野を受け入れやすい陪審員の特性上アップルがやや有利だという見通しが出ている。不確かな陪審員の判断に運命を任せるには両社ともリスク負担が大きいだけに裁判結果が出る前に和解するという予想もある。IT専門オンラインメディアのワイアードは「一般人の陪審員が高度な技術的判断をするのが正しいのか」と指摘した。リチャード・ポスナー連邦控訴裁判所判事は「特許庁で解決されるべきこと」と話した。


アップル「デザインをまねた」vsサムスン「独創性もないくせに」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP