주요 기사 바로가기

チャン・グンソク「“人種差別”批判、拡大解釈はやめて」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.07.16 09:03
0
1/2
写真=チャン・グンソクのツイッター
俳優チャン・グンソクが一部の西洋人の人種差別風土に厳しい忠告をした。

チャン・グンソクは15日、ツイッターに「私が本当に腹が立つのは、ウェスタンには何も言わず、アジアンが少しでも気に入らなければすぐにタックル。あなたのストレスは分かるが、それであなたの気持ちは晴れるのか?」というコメントを載せた。

このコメントがあるポータルサイトを中心に広まると、チャン・グンソクはすぐにツイッターに「ダウム人気検索語にチャン・グンソク人種差別が入っていたが、私にミスをした1人について言ったことであり、ウェスタン全体のことを話したのではありません~拡大生産は禁物! I love paris!!」というコメントで釈明した。

チャン・グンソクは13日にもツイッターに「人種差別について一言いうなら…そうするには地球はとても狭い。劣等感…そういうものは捨てればいい…私はすでにパリの友達を16人もつくった。その半分が女性…参考に1人はデパートの職員…ニューヨークヘラルドトリビューン!」というコメントとともに写真を載せた。

チャン・グンソクは大きなサングラスをして舌を出し、現地の人と写真を撮っている。また、シャンゼリゼ通りでは立ってワインを飲んでいる。凱旋門を背景に片手にインターナショナルヘラルドトリビューン紙を、もう一つの手にワインボトルを持って満足そうな表情をしている。チャン・グンソクの言葉のように、人種差別とは関係なくパリでの経験を楽しんでいるような姿だ。

ネットユーザーは「大丈夫です、あなたはアジアのプリンスだから」「虚勢なのか、自信なのか」などとコメントしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP