주요 기사 바로가기

韓国「調査目的の捕鯨推進」シーシェパード「捕鯨船攻撃する」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.06 10:33
0
環境団体の反発も続いた。グリーンピースのジェームズ・ロレンズは「これはまた違う形の商業的捕鯨であるだけ」と声を高めた。特に過激環境保護団体「シーシェパード」は「捕鯨に出る韓国船を攻撃(harass)する」と宣言したとオーストラリア日刊ザ・オーストラリアンが伝えた。この団体活動家らは操業阻止のために船に乗り込んできたり、悪臭弾を投げたりするなど暴力的行動をはばからない。シーシェパード設立者は殺人未遂容疑でドイツ警察に逮捕された状態だ。

このニュースを伝える外信の視線も良くはなかった。AFP通信は韓国政府に対して「defiant(反抗的な)」と表現した。英国BBC放送は韓国政府が86年IWCに報告なしでミンククジラ69頭を捕獲した事実を取り上げて論じ、「このことで韓国政府はかなりの外交的圧迫を受けて捕鯨を中断した」と報道した。

現在、韓国内で公式に流通する鯨肉はほとんどの網にかかって死んだ「付随」物量だ。ミンククジラ基準として年間平均80頭程度。だが、蔚山(ウルサン)・浦項(ポハン)を中心に盛業中である鯨肉飲食店は50~60カ所に達する。これに対し韓国政府は「鯨捕獲禁止に関する告示」を25年ぶりに全面改正して昨年から周辺水域の鯨管理を大幅強化するなど、国際社会基準に従うために努力中だ。
韓国「調査目的の捕鯨推進」シーシェパード「捕鯨船攻撃する」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP