주요 기사 바로가기

【コラム】韓国はよい国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.22 16:32
0
私たちは、私たちが考えているよりも、はるかによい国に暮らしている。 毎日ドタバタし、腹立たしいことが多い国で、何の寝言だと? そうではない。 間違いない事実だ。 大統領選挙を控えて、またも現政権の審判を叫ぶ国でどういう思惑だと? そうではない。 与野党とは関係なく、ありのままに見なければならない。 目を国の外に、世界に向ければ、実際に韓国のよい点はたくさん見える。

山、水、電気、医療、交通…。無作為に羅列したが、それなりに秩序がある。 山は私たちに与えられた自然だ。 水・電気は私たちが作って使用している資源だ。 医療・交通は私たちが作ったシステムだ。

光州(クァンジュ)無等山(ムドゥンサン)、釜山(プサン)金井山(クムジョンサン)、ソウル北漢山(プッカンサン)のように世界のどこにも大都市の近くにこうした安らかな自然が存在する国はない。 水や電気をこのように安くふんだんに使っている国も珍しい。 韓国の健康保険システムは世界のほとんどの国がうらやましがるレベルだ。 電車・バスがこれほど便利に連結し、大衆交通の料金が安い国は韓国以外に探すのは難しい。

この世の中、悪い点を見ようとすると切りがなく、よい点ばかり見ようとすると目がくらむ。それでもついでに韓国のよい点をもう一つ見るのなら、断然、国家格付けだ。

グラフから分かるように、08年から始まった世界経済危機の中で韓国は格付けが上がった。世界で同じ期間に格上げされた国は、韓国のほか、豪州、チリ、チェコ、イスラエル、トルコの5カ国だけだ。 多くの国は格付けが落ちた。 ワールドカップ(W杯)の試合だったら歓呼することだ。 逆にコリアの国家格付けが落ちたとすれば? 私たちの生活には、大小の津波が押し寄せただろう。

なぜコリアは格付けが上がったのか。 その理由は2つ、成長と財政だ。

まず、まだ韓国の経済成長は相対的によいほうだ。 格付け機関ムーディーズの分析を見ると、2005年から2011年までの成長実績や今年以降2017年までの成長見通しで、コリアは日本・欧州連合(EU)・米国をすべて上回る。 先進国と成長率を比較して1%ポイント以上高ければ、それは大きな差だ。

財政は現在でも目を引く。 グラフに見られるように、韓国の負債は世界のどこに出しても健全なレベルだ。 ムーディーズはこれを評価し、「実弾が豊富」(room for maneuver)と言った。
【コラム】韓国はよい国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP