주요 기사 바로가기

東京で慰安婦写真展が突然中止…運営会社「理由明かせない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.25 09:25
0
「写真展ができなかった場合、東京でストリート写真展でも開きます」

日本、名古屋で制作活動をしている写真作家アン・セホン(41)氏は怒りが収まらないようだった。

彼は来月26日から7月9日まで東京、新宿の展示場「ニコンサロン」で写真展を開く予定だった。 展示される作品はアン氏が2001年から2005年まで7回にかけて中国を訪問し、撮影した朝鮮族元従軍慰安婦のおばあさんたちの写真38点だった。昨年12月、審査委員5人で構成された主催側選定委員会の審査で作品性を認められ展示が決定した。

だが、カメラメーカーであるニコンが運営する「ニコンサロン」側関係者は22日、アン氏に電話をかけてきて「展示が中止になった、理由は明かせない」と一方的に通知した。ニコン側は「名古屋に行って謝罪したい」と話しているが、アン氏は「単に謝罪のためになら来る必要はない。写真展を予定通り開催してほしい」と要求した。

ニコン側の突然の写真展中止は日本の右翼勢力による圧迫に屈服した結果だと思われる。アン氏の展示会が差し迫るとインターネット掲示板などには「歴史ねつ造に加担する売国行為だ」「外国の一方的な主張を代弁していいのか」などの非難コメントが相次いだ。

写真展中止に対してニコン側は「写真展開催と関連して(右翼勢力などから)抗議があったことは事実だが、中止は諸般事項を総合的に考慮して判断したこと」とだけ明らかにした。

アン氏は本紙との通話で「ニコン側が納得できる理由を提示しない限り展示中止を到底受け入れることはできない」と述べた。朝日新聞も関連記事を扱うなど、写真展中止に日本のメディアも関心を見せた。





関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京で慰安婦写真展が突然中止…運営会社「理由明かせない」

    2012.05.25 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    写真作家アン・セホン(41)氏。
    TOP