주요 기사 바로가기

K-POP、韓国特有の文化でない…大衆文化の国際化(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.23 14:35
0
フランスの著名な文明批評家のギ・ソルマン仏パリ政治大学教授。 知韓派のソルマン教授が韓流と韓国の文化政策について率直に語った。 ソルマン氏は「韓流を発展させるためには政府と企業が協力して、韓国の文化広報政策に積極的に取り組む必要があるが、こうした努力が見られない」と述べた。 また、芸術家に対する支援が少ない点も指摘した。 ソルマン氏は「韓国的な特性が生きた韓流になるには、芸術家が中心にならなければならない」とし「にもかかわらず、韓国政府と公共分野の芸術家への支援は非常に少ない」と叱責した。 世界経済研究院(理事長、司空壱)主催の「文化と韓国経済、そして韓流」セミナーに出席するために訪韓したソルマン氏に20日、ソウルのホテルで会った。

--韓流をどう見ているか。

「韓流は韓国特有の文化には見えない。 むしろグローバルな文化現象と認識するのが正しい。 なぜなら外国の若者がK-POPを好むのは、独特な韓国文化が込められているからではない。 ただ、よく似た大衆音楽のうち、韓国アイドルグループの歌が気に入ったということにすぎない。 大衆文化の国際化は今では普遍的な現象になり、韓国のアイドルだけでなく、フランス、ドイツのポップグループも世界的に愛されている。 韓流が、韓国的な独特なものではなく、世界で通用する普遍性のおかげで、多くの国で受け入れられているのだ。 このため韓流の生命は意外と短いかもしれない。 韓流だけの特別な個性がないため、突然、中国や豪州などの波に入れ代わる可能性もある」

--では韓流をどう変えなければならないのか。

「韓流を持続させるには、韓国特有の要素がなければならない。 抽象的な話だが、韓国の芸術家が今後どんな作品を作り出すかによって、韓流が続くかどうかは決まるだろう」

--韓国の国家イメージはどうか。

「韓国があまりにも多くのイメージを強調するため、混乱を招いているようだ。 フランスの場合、エッフェル塔(La tour Eiffel)を唯一の国家的ロゴに使う。 しかし韓国の空港に降りると、‘ダイナミックコリア’という標語もあり、‘静かな朝の国’という言葉も目に入る。 さらに‘ハイソウル’もある。 こうなれば混乱が生じて、何が何だか分からない。 お互い矛盾する選択ならむしろないほうがましだ」

--なぜこうなったのか。

「韓国がいろいろなイメージを標ぼうするのは、変化が速い社会という特性に起因しているようだ。 韓国の文化は依然として長い間の伝統に深く根を下ろしている。 一方で国際的な感覚に目覚めた、新しくて現代的な韓国も存在する。 こうしたアイデンティティーの混とんがお互い相反するイメージを一度に標ぼうする矛盾として表れている。 マーケティングに成功するには、一つのアイデンティティーを選択する必要がある」

--では何が良いのか。

「静かな朝の国というのは‘インドの詩聖’と呼ばれるタゴールの詩から出てきた。 金大中(キム・デジュン)大統領は韓国に対するこうした認識を正しいとは考えていなかった。 その代わりに出てきたのが‘ダイナミックコリア’だった。 しかし私は金大統領に『それは適切でない』と何度も話した。 最近は誰もがみんな積極的で活動的なので、ダイナミックコリアというのは大きなアピールにならない。 個人的には安全な韓国、すなわち‘セーフコリア’がよいのではと思う。 北朝鮮が隣にあるが(笑)、韓国が民主化し、より安定的になったというプラスの印象を与えることができる。 しかし韓国政府が国家の象徴的なアイデンティティーを新しく決めようとするのなら、専門家の支援を受けることを勧めたい。 専門的なマーケティングも広報会社が科学的な技法を動員し、サムスンや現代(ヒョンデ)のためにするように、韓国に最もふさわしいロゴや標語を選んでくれるだろう。 韓国の大統領には何度もこれを助言している」
K-POP、韓国特有の文化でない…大衆文化の国際化(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    K-POP、韓国特有の文化でない…大衆文化の国際化(1)

    2012.04.23 14:35
    뉴스 메뉴 보기
    ギ・ソルマン仏パリ政治大学教授が20日、朝鮮ホテルで南?鎬(ナム・ジョンホ)巡回特派員に会い、韓流と韓国の文化政策について話している。
    TOP