주요 기사 바로가기

サムスンのテレビが北米市場で独走、2~5位合わせた水準

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.23 11:46
0
北米テレビ市場でサムスン電子の独走が続いている。1位のサムスン電子のシェアが2~5位のメーカーを合わせたものと同水準であることがわかった。

米市場調査機関のNPDが22日に明らかにしたところによると、サムスン電子は今年第1四半期に北米市場で薄型テレビのシェア35.1%を占めた。2位のLG電子(11.3%)、3位のシャープ(8.9%)、4位のパナソニック(7.6%)、5位のソニー(7.4%)を合わせたシェアは35.2%だ。4社を合わせた数値はサムスン電子とわずか0.1ポイントの差だ。特に3月のシェアは45.1%まで上がり、2位から11位までの10社を合わせた数値よりも高くなった。次世代テレビと呼ばれるスマートテレビと3Dテレビの場合、サムスン電子と他のメーカー間の格差はより大きく広がった。サムスンの3Dテレビのシェアは53.3%で半分を超えた。北米で3Dテレビを購入する2人に1人はサムスンを選んでいることになる。スマートテレビのシェアも47.3%で半分に迫っている。

サムスン電子は世界最大のテレビ市場の北米地域で2006年に1位になってから7年にわたりトップの座を守っている。それだけではなくシェアはさらに高まる傾向を見せている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP