주요 기사 바로가기

技術が認められた韓国衛星、外国に賃貸(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.14 15:12
0
24時間眠らず空を視線を向けているところがある。 京畿道竜仁市雲鶴洞(キョンギド・ヨンインシ・ウンハクドン)にあるKT(旧韓国通信)衛星管制センターだ。 ここはKTが打ち上げた人工衛星「ムグンファ2・3・5・6号」を制御する地上基地。 軌道から外れないよう人工衛星を監視しながら統制するのが管制センターの任務だ。

衛星のアンテナが韓半島の方向に向くように随時姿勢を修正し、日光を受けられない時間には衛星体の温度が過度に落ちないよう内部ヒーターを調節するなど、すべてここで統制している。 チュ・ハンギュ・センター長は「年間365日終始、人工衛星から目を離さない」と説明した。

同センターは最近、‘外貨稼ぎ’の役割をしている。 ムグンファ2号を香港の衛星運用会社ABSに賃貸し、毎年、管制料として70万ドルを受けている。 1996年に打ち上げられたムグンファ2号は14年間の任務を終え、2010年に賃貸した。代金は360万ドル。 これに寿命を終えるまでの管制料を合わせると収入は計780万ドルとなる。

管制センターのイ・ジェヨル管制運用チーム長は「宇宙で活動中の衛星を他国が譲り受けるケースは多くない」と話す。 何よりも管制技術を認められてこそ可能だ。 衛星は打ち上げた国の装備でのみ管制できるが、管制技術が低い国の衛星なら誰も譲り受けないという説明だ。

実際、KTが衛星を賃貸したのはムグンファ2号が初めてではない。 1995年に打ち上げられたムグンファ1号がある。 2000年初めにフランスに賃貸された。 当時、KTは賃貸料1000万ドル、5年6カ月間の遠隔管制費用として毎月10万ドルずつ計1660万ドルを受けた。 フランスの場合は韓国の装備を現地に移して衛星を管制した。
技術が認められた韓国衛星、外国に賃貸(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    技術が認められた韓国衛星、外国に賃貸(1)

    2012.03.14 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道竜仁市のKT衛星管制センターで、イ・ジェヨル管制運用チーム長(前)と職員がムグンファ5号から送られてきた信号を分析している。 職員は英単語と数字が組み合わされた信号を読み取り、軌道修正など人工衛星に必要な措置を取る。
    TOP