주요 기사 바로가기

韓流スターを越えて韓国の一般男性にもはまる日本人女性(3)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.06 17:20
0
女性雑誌によると、韓国男性シンドロームの背景はこうだ。 熱くて純粋な愛は韓流ドラマ・映画の中の話と思っていたが、普通の韓国人男性も「愛してる」「お前のことばかり考えている」などと鳥肌が立つようなセリフを言う。 メールやチャットをあまりしない日本の男性に比べ、頻繁にメッセージを送るのは基本で、出会ってから100日、200日などの記念日までも準備する。 日本では割り勘のデート費用も韓国の場合は男性が出す。 プレゼントをして「お前が喜ぶ姿を見るだけでも幸せ」のような言葉も普通に言う。 日本人男性に比べて高い身長や広い胸も人気につながっている。 保守的だが、家族への愛情が強く、率直に感情を表現するのが最も大きな長所という。 こうした中、一部の雑誌は「韓国人男性攻略法」「韓国人男性に出会うための韓国語講座」などを紹介したりもする。

日本人の意識変化は各種世論調査でも立証されている。 2010年の韓日併合100年を迎え、両国国営放送のNHKとKBS(韓国放送公社)が実施した国民意識共同調査の結果、韓国人が真っ先に思い浮かべる日本人が日帝初代総統の伊藤博文であるのに対し、日本人が思い浮かべる韓国人はペ・ヨンジュンだった。 韓国人が韓日関係改善の重要な課題に独島(ドクト、日本名・竹島)問題と歴史認識問題、植民支配補償問題などを選んだのに対し、日本人は政治的対話、経済交流、文化スポーツ交流を選んだ。 現在の韓日関係を前向きに評価するという回答も韓国人は39.2%であるのに対し、日本人は62.1%にのぼった。

観光とともに文化産業関連の収益も大きく増えている。 韓国銀行(韓銀)が6日に発表した国際収支統計によると、昨年、韓国の文化産業は海外で8億ドルを稼ぎ、過去最高額となった。 韓流ブームのおかげだ。 韓国の映画やラジオ・テレビ番組、音楽、教育などによる収益が増えたということだ。 韓国大衆歌謡が海外で「K-POP」と呼ばれ、アジアをはじめ、欧州、米国、南米などで人気を集め、関連収入が急増した。

2012年1月26日、東京の新大久保駅の前では、‘義人’李秀賢(イ・スヒョン)さんの11周忌追悼式が行われた。 公式行事は10周忌の昨年で終わったが、李さんの冥福を祈ろうと日本人が集まった。 2011年1月26日午後7時15分。 日本に留学中だった李秀賢さん(当時26歳)は日本人カメラマンと一緒に地下鉄の新大久保駅のホームから落ちた日本人飲酒者を助けようとして悲運の事故にあった。 当時、李秀賢さんの犠牲は日本社会に大きな衝撃を与えた。

日本の各メディアは李さんの勇気ある行為を紹介し、多くの日本人が感動した。 李さんの行動は韓国人に対する日本人の排他心を変えるきっかけになった。 「殺身成仁」の現場である新大久保駅一帯が韓流ブームのメッカになっているのは決して偶然ではなさそうだ。
韓流スターを越えて韓国の一般男性にもはまる日本人女性(1)

韓流スターを越えて韓国の一般男性にもはまる日本人女性(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP