주요 기사 바로가기

当選確認を知人に頼んで渡した宝くじが99億ウォン?=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.05 09:27
0
ソウルに住む宅配員キムさん(69)は08年8月、済州道(チェジュド)へ旅行に行った際、ロト宝くじを購入した。数日後にソウルに戻ったキムさんは江南(カンナム)でスーパーを経営する知人のイさんを訪れた。

キムさんが「当選番号を確認してほしい」と言ってイさんにロトを渡した瞬間、キムさんの携帯電話に仕事の電話が入ってきた。キムさんは配達を終えた後、イさんの店に戻り、「ロト宝くじの結果はどうだったのか」と尋ねた。しかしイさんは他の話ばかりして、返事をしなかった。コンピューターを使えずインターネットでも当選結果を確認できないキムさんは「宝くじ1枚を失ったと考えよう」と思ってあきらめた。

ところが4年が過ぎた今年1月、状況が変わった。キムさんからその話を聞いた娘がインターネットで検索したところ、08年8月の第298回ロト1等が済州道(チェジュド)の店から出たということだった。キムさんがその回のロトを購入したところだった。賞金は99億ウォン(約7億円)だった。

キムさんは2日、「イさんがロト1等に当選していることを確認し、故意に返さなかった。まずは1億1000万ウォンでも返してほしい」としてソウル中央地裁にイさん夫婦を相手取り不当利得金返還請求訴訟を起こした。キムさんは訴状で「店を訪ねる度にイさんの夫婦はとぼけてばかりだった」と主張した。裁判所の関係者は「裁判に入ればイさんが当時1等賞金を受け取りに行ったかどうかから確認することになる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP