주요 기사 바로가기

<ゴールデンディスク>新韓流をリードするK-POPの人気を立証

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.12 09:28
0
イトゥクとKARAのキュリが司会を務めた11日の第26回ゴールデンディスク大賞授賞式には、12チームのK-POPスターが参加し、さまざまなパフォーマンスを見せた。INFINITE(インフィニット)は照明ショーとともに「パラダイス」「BTD」などヒット曲を歌った。KARAは「STEP」「Lupin」を歌い、強烈なダンスを見せた。ファンは席を立ち、ファンライト(夜光棒)を振りながら歓呼した。

イトゥクは「これほどみんなが一緒に歌うのをみると、ここは韓国なのか日本なのか分からなくなる」と言って笑った。ゴールデンディスク授賞式が日本で開催されたのは初めて。最近、新韓流を率いるK-POPの人気がそのまま立証された。

この日、授賞式を見に来たファンは10代から40代までと幅広かった。SUPER JUNIORが好きだというマツモトさん(38、女性)は「K-POP歌手のダンスと歌、容貌、個性がある性格がすべて好き」と話した。SUPER JUNIOR、BEAST、INFINITEを見るために神戸から2時間かけて来たというチハルさん(17、女性)は「素晴らしい公演だった」と語った。東京や奈良などから来たファンもいた。

授賞式には鄭景文(チョン・ギョンムン)日刊スポーツ代表、申ガク秀(シン・ガクス)駐日大使、趙寅元(チョ・インウォン)ジェイコンテンツリM&B代表、脇阪聡史朝日放送社長らが出席した。この日の行事はJTBCとテレビ朝日がそれぞれ韓国と日本で録画中継する。韓国では旧正月連休特集として放送される予定。

◇ゴールデンディスク授賞式=1年間の韓国大衆歌謡を決算する舞台。1986年に第1回授賞式が開催された。大衆的な人気と音楽的な成就度を評価し、「韓国のグラミー賞」と呼ばれる。音盤・音源の2部門に分けて授賞している。今年はJTBCと日刊スポーツが共同主催し、KT-NTT docomoとMSNが協賛した。
<ゴールデンディスク>SUPER JUNIORが音盤大賞…KARAは最高韓流スター賞・音盤本賞


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴールデンディスク>新韓流をリードするK-POPの人気を立証

    2012.01.12 09:28
    뉴스 메뉴 보기
    KARAが「ゴールデンディスク授賞式イン大阪」の舞台でダンスをしている。
    TOP