주요 기사 바로가기

「有名ランジェリーショーからアイデア」制服を脱いだ少女時代(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.05 14:53
0
久しぶりに韓国国内で同時に登場した少女時代とワンダーガールズが歌謡界を盛り上げている。

アイドルグループの必須アイテムはダンスとファッション。ワンダーガールズは女性らしさを強調し、少女時代はそれぞれ異なる強烈な衣装を着ている。

デビュー5年目の両グループとも初期は制服を変形させた‘プレッピールック(preppy look)’などで‘少女らしさ’を出していた。両グループのファッションの変化を振り返ってみる。

◇‘女傑’でアプローチした少女時代=07年8月に「また巡り逢えた世界」という神秘的かつ軽快なダンス音楽でデビューした少女時代は、コンバースのシューズにパステルトーンのスカート姿を主に見せていた。歌手イ・スンチョルの「少女時代」をリメークした同名の曲で活動した当時は、プレッピールックで少女のイメージを演出した。「Gee」「GENIE」はメンバー9人に同じ服を着せ、グループピング(grouping)の魅力が最もよく表れた曲だ。

SMエンターテイメントのミン・ヒジン・ビジュアルディレクティングチーム長は「Geeを聴いて80年代のブルック・シールズやフィービー・ケイツのイメージをつくろうと考え、白いTシャツにジーンズ、またはカラースキニージーンズを合わせた」と説明した。 ミン・チーム長は曲を聴いて最初に浮かぶイメージに合わせて衣装コンセプトを決めるという。 「GENIE」のセクシーな制服、「Oh!」のチアリーダーコンセプトはこのように完成した。 同じように「Run Devil Run」を聴いて映画「シン・シティ」のジェシカ・アルバのイメージを、「Hoot」ではボンドガールのイメージを連想させた。

今回の新曲「The Boys」も堂々とした自信あふれる歌詞と音楽に合わせて「女傑」というコンセプトを決めた。 以前とは違って衣装を統一せず、メンバー個人の魅力と趣向を最大限に生かした。 乗馬服やトレーニング服を変形させたコンセプトで全般的な感じは統一するものの、各メンバー別にスカートからホットパンツ、ジャケットなど衣装は違う。 9人が同じ衣装を合わせた姿を記憶している人には、やや違和感があるかもしれない。

ミン・チーム長は「ランジェリーブランドのヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーのフィナーレ舞台でそれぞれ違ったランジェリーを着たモデルが一緒に集まり、華麗な場面を演出したのを見てヒントを得た」と話した。 また「‘健康な少女’は今後も変わらない少女時代のコンセプトの基本原則」と語った。


「有名ランジェリーショーからアイデア」制服を脱いだ少女時代(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「有名ランジェリーショーからアイデア」制服を脱いだ少女時代(1)

    2011.12.05 14:53
    뉴스 메뉴 보기
    「女傑」コンセプトの少女時代の新曲「The Boys」とセクシーな制服を合わせて着た09年の「GENIE」(下)。
    TOP