주요 기사 바로가기

【取材日記】驚くほどの孫正義のハッキング対策

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.28 14:24
0
夢を膨らませていた韓国最大のゲーム企業ネクソンに晴天の雷が落ちた。 東証上場を約20日後に控え、大規模なハッキング被害が生じたのだ。

同社を代表するゲームの一つ「メイプルストーリー」の会員1320万人の個人情報が流出した。 各会員のIDと名前、暗号化された住民登録番号、パスワードまでが盗まれた。 消費者の反応は冷ややかだ。 2人の娘の個人情報が流出した主婦チョン・ヨンソンさん(京畿道一山)は「7月に発生したネイト(ポータルサイト)ハッキング当時は私と夫の情報が流出した。 私の家族の個人情報はもう犯罪集団の共有情報」と憤りを表した。 メイプルストーリーの利用者は小学生が多い。 いまや成人だけでなく子どもの個人情報までも犯罪に悪用される危険が高まった。

ネクソンの対応が遅れたという指摘もある。 ハッキングが発生したのは18日。 これを21日に知ったネクソンは、24日に全貌を把握しながらも、25日午後5時に放送通信委員会に知らせた。 インターネットでは「ネクソンが事件発生後にもメイプルストーリーサイトでアイテムを広報するなど自粛しなかった」という非難が続いた。 26日からポータルサイト「ダウム」の討論サイト「アゴラ」で、「ネクソンのハッキング解決のための署名運動」を始めたネイトハッキング被害者コミュニティー側は「3500万人に被害が発生したネイトハッキング後、わずか4カ月でまたもこういう被害が発生した」とし「もしネクソンが無責任に済ませようとすれば、国民が直接審判する」と警告した。 実際、今回のハッキングにはネイト事件当時と似た方法が使われたことが分かった。 予想可能な攻撃だったにもかかわらず、防御はもちろん、分析・対応まで発展した姿を見せられなかった。

今回の事件はネクソン上場の成敗にも少なからず影響を及ぼす見込みだ。 顧客情報保護は企業の信頼度を測る核心要素。 ネクソンに似た事件を経験した孫正義ソフトバンク会長の対応策を参考にしてほしい。 2004年にソフトバンクは425万人の加入者情報をハッキングされた。 孫会長は直ちに記者会見を行い、「システムに弱点があった。 担当部署が非正社員中心に構成されていた」とありのままに知らせた。 弁解ではなく驚くような対策を出した。 セキュリティー担当の正社員3000人を一斉に採用した。 事後処方であれ、この程度はしなければならない。 日本投資家だけでなく世界72カ国・3億5000万人のネクソン消費者が見守っている。

イ・ナリ経済部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP