주요 기사 바로가기

ソウルで放射線検出の原因、アスファルトの材料にセシウムが…

ⓒ 中央日報日本語版2011.11.08 13:33
0
韓国の原子力安全委員会が、最近、平均値以上の放射性物質が検出されたソウル蘆原区月渓洞(ノウォング・ウォルゲドン)の住宅街のアスファルト道路について分析した結果、「近隣住民の安全に問題はない」と判断を下した。

委員会は8日のブリーフィングを通じて、韓国原子力安全技術院(KINS)が現場を精密検査した結果、年間放射線量が0.51~0.69ミリシーベルト(mSv)であることが調査されたと発表した。

これは自然状態で一般の人が受ける年間平均放射線量(3ミリシーベルト)の6分の1から4分の1の水準で、原子力安全法で定められている年間放射線量の許容量(1ミリシーベルト)よりも下回るとの説明だ。

あわせて、KINSが現場で採取した資料を精密分析した結果、放射性物質のセシウム137がアスファルトの材料に混入していたことが確認された。放射性物質の濃度は1グラム当たり1.82~35.4ベクレルだった。

これを受け、委員会はアスファルトの材料に放射性物質が混入した経緯を追跡調査することにしたと伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP