주요 기사 바로가기

歌手キム・ジャンフン、「私にとって独島守護とは…」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.28 09:21
0
キム・ジャンフンが歌手としての活動以外に社会的なイシューに参加する原則は一つ。キム・ジャンフンは国家的で民族的な問題にかぎって声を出してきた。左右または白黒に分かれるところには行かないと言った。なぜなら彼は多くの観客と会わなければならない歌手だからだ。

こうした意味で独島(ドクト、日本名・竹島)は彼が最も誠意を傾けた国家的・民族的トピックスだった。「独島」と言えばキム・ジャンフンを思い出すほど、彼は独島守護に情熱的だった。米国の主要新聞に独島広告を載せ、独島関連資料を収集・整理するのに率先した。

最近、独島コンサートを開き、さらに「独島ドットコム」(www.truthofdokdo.com)をオープンした。このサイトでは独島に関する貴重な学術資料が整理されている。開設から10日間で約30万人が訪問した。

25日には「独島の日」を迎え、写真集「キム・ジャンフンの独島をコンサートする」も出した。独島コンサートに同行した写真作家イ・ビョンホ氏の支援を受けた。まず3000部を無料配布した。もちろんキム・ジャンフンが費用を負担する。

キム・ジャンフンは「実際のところ最近は独島写真集の話を控えている。独島写真集のために新しいアルバムが埋もれてしまうのではないかと思って…率直な心情だ」とし「しかし一方で、自分が最近とても卑怯になるのではという考えもする。年を取るにつれて度胸が薄れるようだ」と話した。

キム・ジャンフンは「独島のために脅迫メールもたくさん受ける。しかし自分がやらなければいけないという信念に変わりはない。そして独島問題は今後もう少し論理的かつ合理的に接近する必要がある」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手キム・ジャンフン、「私にとって独島守護とは…」

    2011.10.28 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    インタビューの中で「独島のために脅迫メールもたくさん受ける」と話した歌手のキム・ジャンフン。
    TOP