주요 기사 바로가기

中国人観光客の支出額、日本人を上回る…ソウル市が調査

ⓒ 中央日報日本語版2011.09.30 15:16
0
韓国を来た外国人観光客の10人に9人はソウル市を訪れ、ソウルで4.7日間ほど過ごし、1人当たり計240万ウォンほど使っていることが調査で分かった。 特に中国人は1人当たり262万ウォンを消費し、196万ウォンの日本人を大きく上回った。

ソウル市は7月14日から8月10日まで外国人観光客1000人を対象に「2011ソウル訪問外来観光客実態調査」を実施し、このような結果が出たと29日、明らかにした。

調査の結果を見ると、韓国に来た外国人観光客の90.1%がソウルを訪問しており、訪問目的(複数回答)は余暇・慰楽・個別休暇が83.9%を占めた。 特に「韓流文化体験のために訪問した」という回答は昨年の14.7%から40.6%に増えた。 韓国での滞在期間は平均7.7日で、うち4.7日をソウルで過ごしている。

ソウル内の訪問地は明洞(55.1%)、南大門市場(47.3%)、東大門市場(42.3%)、仁寺洞(39.9%)、ソウル広場(18.7%)などの順となった。

ソウルを訪問した外国人観光客の1人当たりの支出額は2033ドル(約240万ウォン)で、個別観光客(2266ドル)が団体観光客(1674ドル)より多かった。

中国人観光客は今年1-8月、前年比14%増の144万人が韓国とソウルを訪問した。 特に1人当たり2195ドル(262万ウォン)を消費し、1641ドル(196万ウォン)の日本人観光客を大きく上回った。

ソウル旅行に対する満足度調査では、「満足」という回答が81%にのぼった。 項目別(5点満点)では「食事」(3.95)と「ショッピング」(3.93)の満足度が高い半面、「意思疎通」(3.61)は相対的に低かった。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP